2013年10月23日 (水)

アジのちブリ   2013年10月22日

青物を狙いに行く前に朝マズメアジング。
今日は先日ソルトフィネスチューンとして仕上げてあったアブ1600Cを使用したベイトアジング。自分が出来ることの全てをつぎ込んだ完璧チューン。兎に角フリクションロスを徹底的に軽減させてます。

1

おかげで3.5gスプリットが軽く振るだけでストレス無く飛んでいってくれます。スピニングとあまり変らない距離が出せます。
いや~楽しい。なんでベイトリールを扱うことがこんなに楽しいのでしょうか
そろそろアジのアタリも遠のいたので今度は青物狙い。
こちらもベイトタックル(笑)
期待はしていなかったけど出てくれました。
84cm。
マグナム最高です。

| | コメント (10)

2013年10月19日 (土)

恵みの雨      2013年10月19日

朝マズメ狙いの釣行。
しかし、朝マズメ前にポツポツ釣れていたのに待望の朝マズメでパッタリと・・・
そのまま完全に夜があけました。
場所移動しようかと思ったけど今日は土曜日。すでに良い場所には人が入っている。
まだ上げの潮がきいているのでチャンスはあるはず。
もう少しチェックがてら粘ってみる。
辺りにはカモメ、トビ、カラスが・・・ おそらくベイトが入っているのであろう。
このポイントの通常狙うゾーンを外しミオ筋側へ狙いをシフトする。
フォール中にバイトしたやつは25cmクラス。
中層でヒットしたために中層に狙いを定め、ステップフォールで潮に送り込んでいく。
このパターンで数本の25cmクラスを立て続けにHIT。

0

時間が経つにつれ釣れるゾーンが深くなっていく。
最後にはボトムぎりぎりの釣り。根掛かりとの戦いにもなる。
このポイントの水深とボトム形状は把握しているつもりなのでなんとか根掛かりを回避することができるのだがそれでも風と潮の影響でカウントダウンに少々ズレが生じ、何度かいってしまうことも・・・
しかしこの緊張感がたまりません。根掛かりかそれともアジか・・・
ボトムをずり引くような釣り方では一発でやられます。 
このポイントは自分のルアーがどこにいるのかを把握しながらボトム周辺を縦の釣りで探っていかないと結果が出ないことが多い。しかも時には複雑な潮の流れとなるためにキャスト毎に撃ちどころ、落としどころを修正していかないといけない。
適当にキャストして簡単に釣れる釣りもそれはそれで楽しいけど本当の楽しさはこのような釣りだと思う。
今日も良い釣りができました。これから先が楽しみです。

| | コメント (0)

2013年10月13日 (日)

ブランドスタッフ達と・・・   2013年10月12日

今日はアルカジック河野氏、ブランドスタッフ高橋氏が来山。人数も多いことであるし、がっつりやってやろうとすっかり有名になってしまった離島へ。人が増えすぎたためにここ最近は行くことが無かったので全く状況が分かりません。サイズはどうであれこの島でこの時期釣れないことはまずないであろうと・・・
まずは山賊にて昼食。

S

腹も太ったし、時間も潰せたし、後はポイントに向かうだけ。
人の多さが気になりますが、やはり到着時にはすでにメインポイントには全て釣り人が・・・
仕方なく空いた場所を確保。

まずは風が強いし広範囲を探るためのスプリット。5gがちょうど釣りよい感じ。
ステップフォールでボトム付近を探っていくとポツポツ反応あり。
波止の根元付近をやっている大佐は夕マズメから入れ食いだそうだが、こっち側はそこまでではない。まあこのポイント、はなから夕マズメなんて期待していない。夜間の方が出るんですよ実は・・・

案の定どっぷり暮れたころから入れ食いモードに。

0

1

ただ狙いのゾーンを外れたり風でリグが流されると全く中らなくなる。結局のところフォール、それもフリーフォールを積極的に使わないとあまり口を使ってくれない。
スプリットリグにステップフォールで連発。

3

4

数年前に比べると時期的にサイズがいまいちな感がありますがそれでも25cmクラス混じりで楽しいアジング。ワレメ職人は終始ベイトタックルでやってました。ベイトアジング・・・かなり楽しいです。それにしても皆良く釣るわ~。

5

7

潮が動き出すとジグ単の出番。
そこまで潮はきつくないので通常であれば1~1.5gを使うのですが、なんせこの風。そんなウエイトでは風に流されて入れたいところで瞬間的なフリーフォールを入れられない。
こんな時に活躍してくれるのがジャックアッパーHW。2.5gor3.5gが良い感じ。
しゃくって、テンションフォールからの~瞬間的フリーフォール。
フリーを入れた瞬間のバイト多発。

2

6_2

久々の離島でしたが、相変わらず良く釣れました。
やっぱりこの島は何も問題なく釣らせてもらえますね~。
河野さん、高橋さんそして皆さんお疲れ様でした。
来月は佐賀ですね。今度はアウェイの洗礼を受けに行きます(笑)






| | コメント (0)

2013年10月 9日 (水)

6500CSH

雷魚シーズンが終了したのでこいつをオーバーホール。
ウルトラキャストデザインではないこのリールはあまり回りにくいのですが
一応自分的にはOKの回転は出せてます。
また来年活躍してくれるでしょう。

これからの時期は6500CS ロケットクロームと6500CSロケットガンナーが大活躍です。

| | コメント (0)

2013年10月 1日 (火)

ビッグゲーム    2013年10月01日

REVOビッグシューター

1

このリールは飛ばない。
キャスト時にリールがバタツクというかなんというか回転ムラがあるし、終速の伸びがない。
クラシックタイプを仕上げた方が間違いなく良く飛ぶ。
とは言え、ギヤ比、ラインキャパ、ドラグ力、価格と総合的には良いリールです。
こんなリールを飛ばないままにしているのはもったいない。
このリールの最大の欠点はコグホイール部。シンクロナイズドレベルワインド方式のリールにおいてこの部分は飛距離にかなり影響するパーツの一つ。
このパーツの構成がいまいちなのでどうにかしようと考えてました。
しかし、クラシックタイプのように簡単にはいかんのです。
そこで頼みの綱のワレメ工房。
意外とあっさりと要求通りにやってくれました。
早速組み込み回転チェック。
僕の回転チェック方法は空で回してレベルワインダーの往復回数で判断。
自分の整備能力では20往復以上が最低限のレベル。それ以下は整備不良です。
ちなみにこのビッグシューターは30往復したので合格です。

で、本日実釣テスト。
なめらかな回転でばたつきなくスムーズに飛んでくれます。
これなら十分使えるレベルです。良かった良かった。

反応がないので場所移動。タックルを変更。リールは6500CSロケット ガンナー。
ルアーはやっぱりあの伝説のルアー。
ビッグワンが食らいつくことを信じてひたすらキャストを繰り返す。

2_3
         大佐もだいぶ慣れてきたようです


そしてその時はついに訪れた。
喰ってヒラを打った瞬間が見えた。でかい!!あきらかにメータークラス。
その後一気に走る。ガンナーのドラグでは止まりません。
こんなサイズ今までに掛けたことがない。
ロッドはまだ余力はあるし、ラインも切れそうな気はしない。
指ドラグで走りを止め、疲れを待ってから巻きに入ろうと考えていると・・・
フッ・・・ あっ!
無念のフックオフ。
かなり悔しい一本でした。
でもまあ楽しめたし・・・
いや、でも獲りたかったな~。
またリベンジ決定です。
 

| | コメント (0)

2013年9月23日 (月)

ベイトデイアジング  2013年09月07日

年々接岸する魚の数は減ってきている。特に今年は去年よりも悪いような・・・と思うのは僕だけかも知れません。
しかし、最近は釣果にはあまり拘らなくなってきました。釣れるからといって人が集中するようなポイントで窮屈な釣りをするよりも釣れるか釣れないかわからないけど的なポイントで自由に楽しく釣りが出来たらそれでいい。
今回はベイトタックルオンリーの釣り。
ベイトタックルを使用する必要は無いといったら無いのですが、ベイトタックルを扱うことだけで楽しいんです。
最近、ベイトタックルを使い出して狙う魚種が増えました。あえて難しい釣りをすることが面白すぎる。スピニングより飛ばないと不利だとしてもスピニングを使う気なんてもっぱらない。まあリールをちゃんと整備してキャスティング技術さえあればスピニングとたいして変らない距離はだせますが・・・
というよりスピニングを使うくらいならやらない釣りばかり。スピニングはライトゲームだけで十分です。
まあ今回はそのライトゲームですがベイトタックル。

1

プロポーションの良いアジがポツポツ。
ボトムを探ればカサゴの連発。
ライトテキサスで狙うと面白い釣りが出来るんじゃあないでしょうか?

2

それにしてもまだまだ暑い日が続きますね~。

3


| | コメント (0)

2013年9月 3日 (火)

デイからの貫徹       2013年09月02日

まだまだ安定してませんがデイアジングが成立する時期になってきました。
デイでのメインリグはやっぱり遠投系キャロ。フリーシンカーを使用します。ウエイト6個+水挿入。沖目をメインに広範囲をサーチ。
水温が下がってくるとデイでもシャローエリアに入ってきやすいのですが、まだまだのようです。もう少し水温が下がりシラスの大群が接岸すれば・・・
それにしても良いアタリ方で出てくれます。

1

22cm程度ですが、このポイント、夜間には極小サイズになってしまいます。デイの方が圧倒的にサイズが良い。尺上も十分可能性があります。
大佐は少しサイズアップ。

2

昨日は16時くらいに入れ食いだったとか・・・
今日は17時くらいからアタリがなくなりデイアジング終了。
今度はだいず達と合流し、ナイトアジング。久しぶりの貫徹予定。

ポイントに到着するとなんかすでに終了モード。
釣れるアジはかなり小さい。
で、すぐに場所移動を決意。
久しぶりのポイントをまわってみます。
アジングをやり始めたころ良く行っていたポイント。
懐かしい・・・
どこのポイントも数年前と状況が大きく変化していますが、このポイントは以前と同じ位置にアジがついていたことに嬉しさを感じます。
サイズも同じく21~23cm。

3_2

しっかり堪能させていただきました。
朝マズメはとあるポイントのチェックをと心に決めていたので色々なポイントをランガンしながら時間潰し。

4

そして朝マズメ・・・
うーん、まだ早いのか?サイズも数もダメダメでした。

5

しかし、貫徹しても飽きないくらい楽しめるようになってきましたね。これからはもっと良くなっていくはず・・・
今後に期待です。

| | コメント (0)

2013年8月25日 (日)

真夏のロック    2013年08月20日

暑い日が続いてます。
こんな暑い中わざわざ日中に釣りをしなくても・・・と思いますが、ついついポイントに足を運んでしまう。まだ何も分かっていない釣りのために。
メインポイントは磯場。その中でも比較的エントリーしやすい場所を探していきます。わざわざ時間を掛けてポイントに入ってもたいして釣果は得られないだろう。それよりもエントリーしやすいポイントからじっくり攻めていくほうが先だと思い、いくつかのポイントをチェックしていく。
人数が居ればチェックは早い。
そして結果はすぐに出る。

0

正直、ジアイを外していると思っていたがあまりにもあっさりと・・・

3

ダブルモーション強し。
ポイントの感じは掴めました。ベイトが入れば更に良くなるだろう。
そして本日のメインポイント。初めて行ったがこのポイントで一日潰せるほど。
青物の回遊もかなり期待できる。実際ボイルも確認した。ワームもズタズタにされた。
おそらくサゴシ?
このポイントでもこいつはきっちりと。

4

そしてやっぱりダブルモーション。
自分は・・・
本日の釣果はカサゴのみ。まあこんなもんです。
ポイント開拓が出来たのでこれからに期待します。


それにしてもダブルモーションの強さは見捨てられない。
早速手配。

1

ついでに新商品のE.G.タングステンバレットシンカーも・・・

5

これで次回は結果を出します。

| | コメント (2)

2013年6月12日 (水)

粘り     2013年06月12日

良いベイトが居るポイントには良いサイズの個体が多い。
今日は普段やらないポイントで粘ってみた。
なんで今までこんな良いポイントでやらなかったのだろうかと反省もしてみる。
アジングでもそうだけど一つのポイントを攻め続けることで見えてくるものがある。
目一杯のロングキャストの必要性。
リールの整備力、キャスティング技術がないと獲れない奴も居る。
サイズは小さくて75cm。80、82cmと満足いくサイズも獲れた。

1

2

かなり暑い一日だったけどやっぱり雷魚はこうでなくっちゃ

| | コメント (2)

2013年5月31日 (金)

足つき       2013年05月31日

一昨日の雨の影響か濁りがきつい。
浮いているやつなんか全く見えません。
お気に入りのボンバーを撃つもノーバイト。
それならばと先日作製した「足つき」を投入。
見せてもらおうか、足つきの性能とやらを
バフッっと数回出るもフッキングミス。
心なしか足つきのアピール性は良いようです。
粘って粘ってようやく・・・

2

もう一本くらいはいるでしょ
「バフッ!!
やっぱりいた。
一呼吸おいてフッキング
一瞬のったけどフックオフ。ん~難しい。
回収したフロッグを見ると・・・

1

うわ~、足つき破壊されました。

しかし、こいつはまだまだやってくれます。
場所移動し、初めてのポイントでしかもワンキャスト目で。

3

片足でも問題なし

そしてまた場所移動。
デカイやつはスポーニングに入っているのか中々バイトしてくれません。
でもサイズはどうだっていい。出方がよければそれでいい。

4

いいところに掛かってます。一番ダメージが少ないフッキングではないでしょうか
結局今日は5本キャッチ。
まあこんなもんでしょう。
帰って足つきの修理をしなければ・・・

| | コメント (0)

2013年5月10日 (金)

アルカジック フリーシンカー  2013年05月10日

ようやくアルカジックからフリーシンカーが発売されます。
アングラーが自由にセッティングして使用できるキャロシンカー。
3年前からウエイト調整可能なキャロシンカーの必要性を感じ、ワレメ職人にお願いして作ってもらい使っていたのですが、ついにメーカー既製品として更に進化したキャロにまでもっていくことができました。

詳細はこちら→Arukazik Japan

実際、今日のアジングではこのキャロが活躍してくれました。
今日行ったポイントは数年前までは良く行っていたポイント。最近は行っていないので状況はわかりませんが、このポイントで型を狙うには飛距離が必要だったはず。
ということでキャロを10gにセットしてフルキャスト。
潮は利いているけど、このウエイトではちょっとフォールが速すぎる。で、ウエイト調整して6gほどに・・・
潮にドリフトさせながらのフォール・・・ アタリありません。
暫く狙ってみると待望の一本目。25cm程度。
どうもいまいちな感じがしたのでもう少しフォールスピードを抑えるべくウエイト4個に水封入。どうもこれが良かったらしく短いジアイでしたが、数本のアジをキャッチすることが出来ました。アベレージは25~26ですが餌師が釣っているアジよりひとまわり大きかったのは嬉しいところ。

1

このフリーシンカーは遠投目的で使用することが多いのですが、それだけでなく超スローシンキングやフローティング用と幅広く活用できるのが特徴です。
それもリグった状態でウエイト変更が可能。
全てこのキャロだけで対応できるというものではありませんが、色々なセッティングを試すことでツボにはまることもあると思います。

| | コメント (0)

2013年4月27日 (土)

ABU 6500CSH オーバーホール

久々にこいつをOHしました。
いい感じで回ってくれます。

| | コメント (0)

2013年4月26日 (金)

ライズの釣り

流石に強風波浪注意報が発令していただけのことはある。
狙いのポイントに行くも全く攻めれない。フロッグを真っ直ぐトレースすることも止めることも出来ずエリアを大きく変更しようと考えていたところ昨年のお気に入りポイントが気になって覗いて見る。
まだまったくカバーはないが、最近オープンの釣りも楽しいと思えてきた。
水深は浅いがなんか出そうな予感。
すぐに反応がありテンションアップ。
結構バイトはあるもののフッキングミス&バラシが多く中々キャッチできません。
色々な場所をあちこち撃っているとあることに気付く。
水面にエアーを吸いに出てくる個体が・・・ それも数箇所で
じ~っと観察しているとほぼ同じ場所で頻回に。
とりあえず浮いてきた位置を通してみる。
ついた・・・
バフッ!!

1

まあまずはこのサイズで・・・
ファイトして荒れたはずのポイントなのに依然としてライズ?は続く。
なんかフライフィッシングのライズ待ちの釣りをしているよう。
まさか雷魚でこんな釣りが出来るとは・・・
しかし、このライズが出る位置、わずかに流れている流れの下流周辺に集中している。
こいつらは本当にドリフターを待っているのか?

色々なフロッグを試しながらどのタイプが良いのか探り出す。
結果、ドッグウォークが強いフロッグの方が良い模様。

2



時にはお呼びでない奴まで顔を出す。


3_2

ほんと小さなポイントだけど立ち位置を変更せず3時間遊べた。
バイト数は30くらいあったけど獲ったのはたった5本+ナマズ2本。
雷魚・・・ 難しい。でもそこが楽しい。
明日も行くしかないかな?




| | コメント (0)

2013年4月13日 (土)

雷魚   2013年04月13日

雷魚釣り・・・ この釣りは何となく他の釣りとは違う感覚である。
だからはまってしまったのか・・・
感度とかそんなものは全く考えていない棒のようなロッドを振り回し、掛けてからは強引過ぎるくらいのゴリ巻き。掛けてからの楽しみよりもむしろ掛けるまでの方が楽しい。
バフッと出るまでのドキドキ感はなんともいえない。
今日はサイトフィッシングを堪能でき、バイト多数でかなり楽しめた。

2


1_2





| | コメント (0)

2013年4月 3日 (水)

ヘビーカバー攻略に・・・

今シーズンから投入する6500CSH。
パワーゲームに純正ハンドルでは・・・
ようやくハンドル換装しました。

1

LIVRE アヴェントゥーラ フォルテ

しっくりきます。

| | コメント (0)

2013年4月 2日 (火)

春告魚と桜と雷魚   2013年03月30日~31日

なぜか今日のこのポイント、いつもと雰囲気が違う。いつも居るものが居なくて居ないはずのものが居る。夕マズメはいつもあまり釣れないので変わりはないのだけど完全に暗くなって暫く経った時の状況に困惑する。
中層~ボトムでの反応は皆無。ジグ単、スプリット、キャロ、メタルジグとあらゆるものを投入しても釣れるのはカサゴばかり。
どう考えてもおかしい。大潮絡みなので良くないのは当然のことだけどそれにしてもここまでとは・・・
この状況の中でどう釣るか・・・
これを考えるのが釣りの中で一番楽しい部分。
残る手は表層攻め。
散々表層は通してきた。でもそれはあくまでも普通に通しただけ。
繊細な攻めまではしていない。
ベイトはおそらく表層付近を漂っている何か・・・ 今まで攻めてきた感じから間違いなくフィッシュ系ではない。
そうなれば使うのはフロート。ただし巻きの釣りは一切しない。あくまでも横移動を抑えた縦の釣り。これでないとまず反応してくれない。
しかも初めはフロロを巻いたベイトタックルでやっていたのだけど、これでは正直無理。
それはフロロの特性にある。
比重の高さ・・・
これが邪魔をしてしまう。
ロッドティップ~フロート間のラインが沈んでしまうため、0.4gのジグヘッドはフォールしてくれないばかりか、ステイさせたくてもラインの自重でフロートを少しずつ手前に引っ張ってしまう。
そんなわずかなことでも口を使ってくれない今日のメバル。
PEに変更すると自分的なフロートの扱いが楽にでき、釣果は当然アップ。

1

サルカンもこの難しい状況の中、楽しんで釣ってます。

しかし、結局日も変らぬ時間帯に反応が無くなってしまった。なんかちょっと寂しい。
このままではと思い・・・


よし、雷魚に行こう
で、帰宅後、一旦寝てから先日釣れたポイントへ。
サルカン見事に今シーズン初キャッチ。

2


さあこれから色々な釣りに忙しくなるな~。


| | コメント (6)

2013年3月19日 (火)

キャロでメバル   2013年03月19日

アルカジックのフリーシンカーを使用してのメバリング。
調整ウエイト4個+自作スペーサー4個、約7gのウエイトでも結構スローなフォールスピード。
上ずっているメバルには最適。

1

| | コメント (2)

2013年3月17日 (日)

まじん始動     2013年03月17日

久しぶりにまじんと渓流へ。
日曜日なので人が多いだろうけど渓相が良い河川を選択。
運良く先行者なし。
カゲロウのハッチが盛んでこれなら流れに出ているような予感。

5

が・・・
流れに全く居ない。流れどころかどこにも居ない感じ。
解禁からかなりの人が入っているようなのでかなり抜かれているのは間違いないが・・・
このままではまずい。
この人のテンションを下げてしまうことだけは回避しなければ・・・
当分の間一本も釣れず時間だけが過ぎていく。
しかし、そんな中でまじんが初HIT!

1

いや~、良かった、良かった。
一本でも釣れればなんとかテンションを保ってくれるだろう。
それから良い区間では結構チェイスもあり良いサイズが釣れてくれる。

2

3

そして広めの浅い瀬を通しているまじんのミノーの後ろから良型のチェイス。
ミノーに追いつき更にサイドに回りこみバイト!

4

痩せてはいたけど31cmの良型。
この時期、この河川でしかもルアーでこのサイズは価値がある。
今日はこの一本で満足だろう。
その後も数本出たけどいまいちな感じ。
2~3℃水温が上がってくるとかなり活性は高くなっていくはず。
これからが楽しみです。



| | コメント (6)

2013年3月15日 (金)

メバル本

まるっと一冊藤原氏。
これを読んだら私も上手くなるだろうか?
しかしまあ良くやってます。流石です。

0

| | コメント (2)

2013年3月14日 (木)

3年連続の・・・     2013年03月12日

立っているのも辛いくらいの風の中、うまくメンディングをしながら付いているであろうスポットにワームを送り込んでいく。かすかな底潮の流れにのせてステップフォール。
なんとか30upのアジは出せるものの40までは届かず。

0

アジのアタリが乏しい中、メバルで癒されます。
中々潮が動かない中、良い潮の流れが発生した時にメバルがかなりの高活性。
アジは諦めてメバル狙いにチェンジ。
しかし、爆風+潮でジグ単のコントロールは非常に難しい。スプリットでは7gまでを用いることでかろうじてコントロール出来るも反応はいまいち。
こうなったら使うのは一つしかありません。
メタルジグ・・・
ジャベリンジェット7gを潮にドリフトさせながらのステップフォール。
これがツボにはまり今まで出なかった25upのメバルが良く反応してくれ連続ヒット。

1

2_2

やっぱりこのポイントのキーワードは潮。
更にその中でフリーフォールを多用することがやはりキモのようである。
数本の25upを同じ釣り方で出した後、ついに・・・

3

尺メバル
やりました。これで三年連続で瀬戸内の尺メバルをキャッチ。
難しい状況の中、辛抱してやって正解だった
潮が止まるとメバルのアタリも・・・

結局その後は良い釣果に恵まれませんでしたが尺が出ただけでもラッキーです。
今日は良い釣りが出来た・・・  と思ったらとんだハプニングが・・・
現場に居た他のアングラーさん、長い間色々とお世話になりました。
良い思いでになりましたよ(笑)


| | コメント (6)

2013年3月 6日 (水)

惨敗の後の快楽   2013年03月05日~6日

私がアジングをしているのは山口県東部エリアですが、一年の中で一番大型が狙いやすい季節になってきました。若干早いような気もしましたが最近はメバリングとトラウトばかりなので久しぶりにアジングでもと・・・
潮のせいにしてしまえば終わりですが、今日のこのポイントはこの時期の大型アジにとっては重要な潮の流れが弱すぎでした。
結果、惨敗・・・
狙いやすいといってもそう簡単にいくわけではなく・・・
夕マズメの交通事故的な一本の後、深夜までアジは皆無に等しい状況。

1
34cm

場所移動してなんとか底潮のきいている部分を丹念に攻めてポツポツと釣れるも良くても33cm止まり。
中々40アップは出せませんね~。

2

流石に今回はお手上げ状態。
またリベンジすることを固く心に誓って・・・

今度は渓流へ。
前回の解禁日に比べ天候はすこぶる良い。
あまり人が入らない河川を選択し、入渓。
いきなり大佐が流れの中から引っ張り出す。

3

幸先が良いけど後が怖い・・・
と思ったら活性が高いのかここぞというポイントで必ずといっていいほど出てくれる。
しかもその出方がたまらない。
横からひったくっていくバイトが多々ある。解禁初期は後ろからついてきてかろうじてテールフックに食わせるといった感じが多いのですが、今日のはベリーのフックに掛かることが多い。すでに全盛期の食い方をしてくれる。
しかも流れの中で・・・

4
この川のアマゴの特徴。鮮やかすぎるくらいの朱点。

5
ヤマメも混ざる

それにしても今日初めて使ったDUOのスピアヘッドリュウキ、これいい。
連続トゥイッチでの動きはかなり好みです。
実際良く釣れたし何せ安い。
自分のトゥイッチではDコンより若干下のレンジを行く感じ。
Dコンと使い分けることで釣果を伸ばせる?
またお金が飛んでいくことになりそうです(笑)

6

Dコンも頑張ってますよ~。

アジング後の渓流でしかも花粉症、正直身体には辛い釣行でしたが、そんな辛さを吹っ飛ばしてくれるほど楽しく充実した一日でした。


| | コメント (2)

2013年2月25日 (月)

メバル天国    2013年02月22日

久しぶりの左近とメバリング。
今シーズン初となるポイントで若干早いような気がしますが、例年のことを考えるとまあ問題ないでしょう。
夕マズメの良型狙いでは失敗したものの完全に日が落ちてからはバイトの嵐。
ただ爆風、うねりのためメバルは浮いて居らずボトム付近がメイン。
スローな釣りがやりにくいため3gのスパーク40で比較的テンポの早いワインドやジャベリンジェットで。
バイトが少し落ちると今度はスプリット。

1

左近も久しぶりな釣りで初めは悪戦苦闘していましたが、勘を取り戻したのか連発。しかも良型釣ってるし・・・

2

29cm・・・ 自身最大サイズで満足してました。
自分は中々そんなサイズを引っ張り出すことが出来ません。

3

左近はこんなもんまで・・・

4

真鯛62cm。
使用ロッドはPSSS-67S。
やっぱり自分以外の人でもサプライズな獲物が掛かるロッドなんです(笑)

風は全くやむ気配を見せずようやく弱まったのは終了1時間前。
うねりも消えるとやっぱり浮いてきました。
浮いてくるとどうしてもやりたいのがミノーイング。
ミノーではルナと同様信頼をおいているシャローマジック。
爆です。

5

左近もどうしてもミノーで釣ってみたいとのことでミノーイングのキモをちょっと説明すると入れ食い状態に。
ミノーだけで何十匹釣っただろうか?楽しすぎです。
最後にミノーイングが出来た上にかなりの数のメバルと戯れることができて良い一日でした。

| | コメント (5)

2013年2月22日 (金)

実釣!サクラマススペシャル     2013年02月21日

ここ最近はまってしまったレイクのトラウトフィッシング。
今日も行ってきたけど冷え込みが強く雪が積もっている状態。
今日も顔を見ることが出来ないかと思っていましたが、やっぱりこの男がやってくれました。

「出せっちゃあ出す漢」

3

サツキマス

管理釣り場で釣るのとはわけが違う。
美しい魚体でした。
イトウくんクラフトのサクラマススペシャル。見事に鱗付け。
自分はバイトが2回あっただけ・・・
中々難しいです。
でも面白い。
次こそは!!

| | コメント (2)

深夜のメバリング    2013年02月20日

アフターのメバルですが、昨年好調だったポイントはまだ早いのかそれとも今年は良くないのか、ここ最近の反応は何処もいまいち。
それなら今までほとんどやっていないポイントを・・・
ど干潮、潮止まりで状況は良くないけどフロートの釣り一本でそれなりに楽しめます。

1

超スローな中での繊細なアクション。
それで釣れるメバルは例えサイズが小さくても楽しい。

2

これからまた忙しくなりますね~。

| | コメント (0)

2013年2月 9日 (土)

アフターメバリング    2013年2月08日

そろそろアフターメバルのチェックをしておかないと・・・と思い昨年好実績であったポイントへ。ちょうど風表でうねりもあり今日はちょっと無いな・・・と場所移動。
なんとか風を避けれるポイントで数本のメバルと戯れることができましたが、いまいち活性が低い様子。
だいずとF氏が合流し、リバーメバリング。
干潮でこんな所ってな感じですが釣れるんですよね~ここ。

0


1

それにしても寒い。雪降ってるし・・・
どこかで休憩しないと心が折れそう。
ってことで朝マズメまでファミレスでダベリング。
朝マズメは潮が良くきくゴロタ混じりのポイント。
いつもなら横たわるくらい生えている藻がほとんどなし。
潮の変化もいまいちで狙い所が見つけられません。
どこか反応のある場所はないか探っていると、居ましたブルーのメバル。
そこから同じポイントで連続HIT。

2

アタリがなくなるとキャストする位置をずらす。
どうも群れは動いている模様。
沖では鳥がざわついています。
ベイトが入ってるみたい。
ベイトが入っているならばいつかは良いサイズが出そう。

3

が、そう簡単にいくわけもなく・・・
次回に持ち越しです。

持って帰ったメバルのストマックからは10cm程度のカタクチイワシ。
次回はミノーイングかな?

| | コメント (5)

«50thフィッシングショーOSAKA2013