« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月19日 (日)

泳ぐ    2009年07月18日

今年はほとんどエギングをしていません。今シーズンの初めの高いテンションは何処に行ったのやら。
原因は久しぶりに燃え上がった渓流ミノーイングのせい。渓流が解禁して最初の川が面河川。この川があまりにも面白過ぎたために火がついてエギングどころではなくなってしまったんです。
ということで今日もワレメ職人とともに渓流へ。
ポイントは予定通り久しぶり過ぎる場所。

Dsc02058

渓相は抜群の
河川です










ワレメ職人も久しく行ってないらしく最近の状況は全く分からない状態ですが、
そのほうが何か新鮮でワクワクします。
あっここでワクワクなんてしてはいけなかった。
「ワクワクした自分に腹が立つ」状態になってしまうので。
まあそんな高ぶった気持ちを抑えつつファーストポイントへアプローチし、Dコンフルキャスト。
そんなに簡単には釣れてはくれませんが・・・
数回、追いを確認するもファーストポイントではノーバイト。
ここからメインのゾーンに入ります。
小さいサイズながらも姿を良く見せてくれます。

Dsc02059

動きが早くしっかり
とルアーを咥え込んで
くれないので難しい









しかし、ここの川の魚はいまいち美しくありません。
顔も幼い感じがします。
今まで通っていた河川の魚が良すぎたために余計にそう思います。

Dsc02060












25cmを超える良型を何度も確認しながらも、結局1本もフッキングさせることが出来ない腹立たしさを抑えながら釣り上がっていきます。
そしていつも出そうで出ない砂防堰堤。
なんとか1本釣ることができましたが、嬉しくないサイズ。
ここから更に上にあがるかそれとも場所を移動するか悩みます。
ワレメ「まあせっかくここまで来たんだからもうちょっと上をやってみるか」
ということで砂防堰堤を高巻きし、更に上流部を目指します。
しかしここで悲劇が・・・
砂防堰堤を高巻いた後、川に降りようとしたワレメ職人。思ったよりも水深があったのとバランスを崩したために体ごと水の中に沈んでいきます。
UFMの帽子だけが水面に浮いている様な状態で頭までどっぷりと。
それを見ていた私は大爆笑。
昔は私達の誰かが良くやっていた光景を久しぶりに見させていただきました。
泳いでまで上流部を目指したのだからそれなりの見返りがあっても良いと思いますが、そこは渓狂会の2人組。そんなことがあるわけありません。
人生に汚点を残す奴をどんどん追加していくのが歯痒くてついに上流部を諦めました。

Dsc02061

ここのアマゴの特徴
はパーマークが丸っ
こい







Dsc02064

これはヤマメです










それから別の支流に移動しますが、数箇所たたいてみてこの増水の良いコンディションに対して反応が薄すぎるために更に場所移動。本筋のポイントを車で移動しながらチェックしてみます。
本筋は今まででもあまり釣行したことなかったのですが、思ったよりも魚影が濃く小さいながらも楽しむことができました。
今回は18cm~20cmくらいのサイズが多く、良型を釣ることが出来ませんでしたが、来年の攻めどころを調査することが出来たので良しとしましょうか。
それよりも久しぶりに入ったお気に入りの泉質の温泉が最高でしたね。
ワレメ職人は泳いだ後の入浴で尚最高だったことでしょう。
しかし、最後の〆としてワレメ職人おすすめの店での昼食が、結局焼きさば寿しとチャンポンになってしまったのは残念でした。
くそ貸切りとはゆるせん!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月16日 (木)

準備万端

18日の渓流釣行に向けてちん毛パーマになり易くなったラインをドンピンに巻き替え、リールを手入れ。ロッドもガイドにコーティング剤を吹きかえて、クモの巣が絡みついたブランクを綺麗に磨いて準備終了。
追加購入したDコンはおそらく間に合うと思うのですが・・・
もう一つ注文中の物はおそらく・・・というよりまず間に合わない。
3年ぶりのあの渓・・・ どの様に変貌しているでしょうか
釣れても釣れなくても久しぶりの渓が見れるだけでもワクワクします。

H


















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

青色の流れ    2009年07月14日

ネットで某河川の水位を確認したところ向かうポイントは最高な水量のはず。
前回、とんぼ返りしてしまいましたが今日は大丈夫。
今日を逃すともうこんな絶好のコンディションで釣りを出来るのは今シーズンは無いかも知れません。
このポイントは今シーズン最後の釣行のつもりでワレメ職人と共に・・・
途中の川の色を確認すると綺麗に青みがかっており、ベストな色と水量。
やっぱり透き通った透明な色よりは青みがかかっている方が、今までの経験上活性は高いと思う。
入渓ポイントも同じく良い色をしています。
入渓直後の一番良いポイント・・・ 通常はここで釣れることは稀なのですが、1キャストで30cm近いアマゴのチェイスが見られました。
まだルアーを見切っていない様子。
2キャスト目にも追ってきますが、ノーバイト。
そして3キャスト目。
HIT
小さいお前じゃあない
チェイスしてきた奴とは違う奴が釣れてしまいました。

P1000014

本日の1匹目
22cm位










それからもいつもは釣れないゾーンでHITが続きます。

P1000013














P1000010










P1000011

水量が多く、流速も
早いですが、アップ
でも十分口を使って
くれます








今日のアマゴは水の色に合わせているかの様に青く綺麗な魚体が多く、小さいサイズでも見とれてしまいます。

P1000009

画像で見る限り
朱点がありません
でもこの河川には
ヤマメは居ないの
で間違いなくアマゴ
です





P1000008

















今日は新たに追加購入したDコンタクトのオレンジバックブラックベリーが大当たり。
春は派手なカラーリングは良くないので基本的にはブラックバックやナチュラル系を使うことが多いのですが、夏の増水となるとアマゴにも人間にも視認性が良いカラーが良いのかも知れません。
しかも落ち込みの白泡の中についていることがほとんどで、流れの緩いゾーンや瀬尻にはついていないので、余計にアピールカラーがものをいうんでしょう。
更に、その様な激流の中で流れに負けてしまって泳がない様なルアーではアマゴを誘い出すことはできませんが、ここはさすがヘビーシンキングミノーって感じです。

P1000007

本日の最大で
あったアマゴ
25cm弱
体高があり
美しい魚体です








上流部はいつもはない所にポイントが形成されており、やはり白泡が絡む流芯にしっかりついています。
増水しているとはいえ、浅瀬中心となり下流域よりはプレッシャーが強い感があり、バイトに持ち込むことが難しくなってきましたが、なんとか釣っていきます。

P1000006











P1000004










P1000003

これはワレメ職人
がキャッチした
25cm弱









今日こそは尺をと思ってたのですが、残念ながらそれは全く届きませんでした。
しかし、この時期にしては珍しく結構な数は出ましたし何といっても魚体の美しさに感動させてもらいましたので満足です。
今週末もワレメ職人と休みが合うのでまた渓流行くだろうなぁ。
今度は3年ぶりのあの河川へ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月11日 (土)

1パチ   2009年7月10日

朝からどんよりした天気。
今にも雨が降り出しそうだけど、2~3時間はなんとかなるかもと淡い期待を持ちつつワレメ職人の到着を待ちます。
いつもの時間にワレメ職人の迎えが来てポイントを目指しますが、ポイントに近づくに連れて雨がフロントガラスを叩き出しました。
このくらいならなんとかなると思ってましたが、段々雨足が強くなり最後にはワイパーが間に合わないくらいの雨。
水量はどんどん増し、大増水です。
私達なにか悪いことしたでしょうか
それでもバカ2人は途中の本流のがぶ飲みミルクコーヒー状態を見つつも取りあえずポイントまで行ってみます。
入渓ポイントへ到着。
ハイ、終了・・・
釣れる釣れんの問題ではなく遡行不可能状態です。
まあ分かってたんですけどね。
でもどうしても諦めがつかなくって・・・
完全にすることがなく暇になった2人は地元まで引き戻り、パチンコ屋へ。
1パチの甘デジなるものを打ってみました。
遠山の金さんが暴れまわって面白ろそう。
初めの内は色々なリーチアクションにワクワクしてましたが、途中からパターンがつかめてきて、熱いと呼ばれるリーチアクションでも入るわけないじゃんと・・・
金さん、弱い・・・
20数回掛けたのに4000発くらい貯めるのがええやっと。
まあゲーセンよりは金が掛からないので暇つぶしにはもってこいですが。
結局夕方まで打って800円負け。
雨のバカ野郎!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

ついに・・・

ゲーリー・・・ この名前、ルアーフィシングをしている方はほとんどが聞いたことがあるんではないでしょうか
その昔、私がバスフィッシングをやっていた頃かなりお世話になったメーカー、「Gary YAMAMOTO」。
当時、高校生でお金もないために中々手が出なかったけど無理やりグラブを買って、テキサスやラバージグのトレーラーにと活躍してくれました。
あの独特な柔らかい素材が武器だったのかどうかは分かりませんが、良く釣れ、グラブ=ゲーリーというのが自分の中にありました。
で、そのゲーリーからついにアジ・メバル用のワームが登場。

Dsc02054

2インチ
ピンテール










シェイクするとゲーリー独特の素材からでるテールの動きは最高で、たしかにアジ・メバル用として使えるワームではないでしょうか
スレきったバスにも良い感じです。
ただご存知の方にはお分かりでしょうが、あの素材であるために耐久性は低いです。
しかし、あのゲーリーですから・・・
使ってみる価値はあるんではないでしょうか
2.5インチがほしいところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 3日 (金)

焼きさば寿しとラーメン  2009年07月03日

昨日、Daizuに今日の予定はどうするのか尋ねてみました。
エギングかトラウトのどちらにするかということで・・・
「悩ませてください」とのことだったので再度連絡があるまで待ちます。
そして夜に「本流行きましょう」と・・・
本当に悩んだのかどうかはわかりませんが、エギングはどうでもええってのが感じ取れます。なぜかって シーズンが微妙にズレている本流のトラウトなんて釣れる確立からすればイカより確立が低いし、本人はやったこともないのにあえてこちらを選んだことから察しがつきます。
まあ若干私もそっちの方が良かったのですが・・・
増水の恩恵でもしかしたらってのがあるかも知れないと思ったわけで・・・
Daizuの夜勤明けに合わせての出発でしたので時間も遅かったためにまあ期待はしてません。ロッドが振れればいいんですよ。
ってDaizuが釣ってます。
本流のスーパーチビアマゴ!!
綺麗でした(笑)
それから色々と場所移動をしましたが、どこも不発。
最後にはワレメ職人の庭にお邪魔して小さいながらもポンポンと2本GET。
「本流アマゴGET!!
だ「これが本流ですか
BJ「うるさい本流には間違いないじゃないか
だ「・・・。」
Daizuも一本追加しましたので入渓から100M足らずで満足し(、納竿。
帰りにラーメン食って今日は終了です。
焼きさば寿しに始まりラーメンで終わる。
う~ん、充実した一日でした。
Daizu、また行きましょう。
本流用ロッド調達しなければ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »