« 帰りゃあええんじゃろ!?    2010年02月16日 | トップページ | Wキャロ »

2010年2月19日 (金)

神経締め    2010年02月18日

釣れないと分かっていても暇なので左近と共にメバリング。
開始早々アタリがあるも中々フッキングしない。
ミノーを使っていたんですが、まあ百歩譲ってもマッチ・ザ・ベイトとは言えません。
捕食の対象物が小さく口を開けてくれないのか、はたまたスーパーなチビなのか・・・
それでもなんとか22~23cmサイズを・・・

Dsc02383_2

このくらいのサイズ
が限度です・・・










時間の経過と共にメバルのアタリは遠のいていき、今度はアジが・・・
この時点から今日の課題を変更。
課題「神経締めの習得」
20cm弱の通常は完全リリースサイズですが、私達の実習の役に立ってもらいましょう。
めんどくさがり屋なもので通常ならばキープの魚をクーラーの中に無造作に入れてますが、やっぱり鮮度等を考えるとちゃんと締めた方がいいですよね。
で、やっぱり締めるのなら必殺仕事人っぽくいきたいですわ。

Dsc02385

自作神経締め
(実習用)










何本か実技訓練をしているうちに二人ともコツを掴んだ様で、一発であの世へ行かすことが出来るようになりました。
正直、実習対象になってもらったアジには申し訳ないですが左近がきっちり後始末はしてくれるそうで・・・

Dsc02390

看護師が静注をする
時の感覚かな?
入ったって分かるよう
になるんです








いや~今日は良い実習だった。
今後は神経締めの道具を「要するに見た目」というようなものに作り直したいです。

|

« 帰りゃあええんじゃろ!?    2010年02月16日 | トップページ | Wキャロ »

メバリング2010」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

そのロッドでプラグ行けるんでしょうか?

かなり張りがあるんですよね。

僕もウエダのPRO4の張りが強い奴でははじくことが多いんですが、購入を考えていますので参考までに教えてください。

投稿: キム | 2010年2月22日 (月) 17時03分

キムさん

プラグを使うのであればPSSS-610Sリンバーティップの方が扱い易いと思います。
私がメバリングで主に使用するのがこちらです。
PSSS-67Sスーパーセンサーよりスロー気味でしなやかなロッドですよ。
かけると気持ちよい曲がりをしてくれます。
それでいてシャッキリとした張りを持たせていますので感度も良いです。
はじくという概念を持たれているならば尚PSSS-610Sの方がお勧めです。

投稿: Black Jack | 2010年2月22日 (月) 17時28分

どうもはじめまして!

前から自分も尺以下の魚の神経締め用の道具はないかといろいろ探していますが、やはり作る以外はないみたいですね。

ハリは何使っているのでしょうか?自分はギター用のGstringを使ってみたもののやはり柔らかすぎてしまいます。ヒントを頂ければ幸いです。

よろしくお願いします。

投稿: 闇の息子 | 2010年2月24日 (水) 18時29分

闇の息子さん

神経締めはつい最近やってみようと思っただけなのでヒントを求められても困りますが、私は硬質ステンレス棒を使用しています。
これで特に問題はないので後は柄を作るだけです。

投稿: Black Jack | 2010年2月24日 (水) 22時14分

有難うございます。

参考になります。

後はゲージ数とかで色々試してみます。

投稿: 闇の息子 | 2010年2月25日 (木) 13時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/396430/33447059

この記事へのトラックバック一覧です: 神経締め    2010年02月18日:

« 帰りゃあええんじゃろ!?    2010年02月16日 | トップページ | Wキャロ »