« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月19日 (月)

寒いです    2010年04月17日

またまたやってしまいました・・・ 48時間のうち睡眠3時間。
最近、夜勤明けからの釣行が多く、肉体的にきつい。
しかし釣りに行かなければ精神的にきついし。
あちこちで春アジの情報を聞きますが、自分的には探しきれてないのが本音。
というより以前から春アジあまりやってないんで今になってつけが回ってきたって感じ
今日行ったポイントは固いはずだったんだけど、22~25cmクラスばかりで狙いのサイズが出ない。数も40本くらいと少々少なめ。
短時間での釣果ならまだいいんですが貫徹ですから・・・

Img_2621



















身体も寒ければ釣果も寒い。
アジング・・・ 難しいです。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

久々の大爆釣    2010年04月10日

そろそろ春の良型アジを獲っておこうと5人で某所へ。
アジが釣れなくてもメバルという保険もあるし・・・
毎度のことながら不眠状態での釣行ですが、皆でワイワイ出来る釣行では眠気も吹っ飛びます。実際にはかなり眠たかったのですが・・・

で、ポイントに到着後、夕マズメの時合に向けてタックルをゆっくり準備します。
開始早々、サルカンがロッドを曲げてます。
結構引いてますが・・・
真鯛でした。
逸る気持ちを抑え、全てのタックルの準備を整えた後、ようやく釣り開始。
22~23cmのキープするか悩むようなサイズのアジがポツポツ釣れていましたが、それからは入れ食いタイムに突入。
サイズもアップしていき、25~30cmが入れ食い状態です。

Img_0831

















しかし、ここで難点が・・・
手前には藻がはびこっており、かけて寄せてきてもその藻でフルロック。
獲れない魚がかなり出てきます。
アジの反応が鈍るとメバルが上でも下でも高反応。ボイルも時々出ており、そのボイルがあった所をトレースするとほぼ100%で良型メバルが・・・
ルアーに対してセレクティブではなく、どの様なルアーでも釣れるのでかけるにはテクニックとかそんなのは問題ではありません。
手前の藻をどのようにかわすか考えれば良いだけ。

Img_0837

22~28cmのメバルが
良く釣れます














Img_0843

27~28cmの多い中、
尺アジも・・・

















Img_1074

良型カサゴも登場











予想を反しての高活性のために、休憩する暇もなく楽しみます。

Img_0845_2

















Img_0850

















Img_0858


PSSS-610Sが綺麗な
弧を描く













Img_0848_2


















Img_0875_3

流石に数時間も釣り続ける
と背中や腰が痛くなってきた
のでティータイム
てるてる坊主の挽きたての
コーヒーを頂きます
まさか豆を持参してくるとは
・・・









Img_0862

















メバルもアジも結局朝まで釣れ続け、もはやアジを狙いにきたのかメバルを狙いにきたのか分からない状態になりましたが、釣れればいいんです。
皆のクーラーにはもう魚を入れるスペースは残ってませんが・・・
いや~、久しぶりに夕方から朝までがっつり釣りを楽しみました。
時合は12時間という何ともすばらしいポイントに感謝です。
今回の釣行でかけても獲れなかったサイズが多数いたので今回の教訓を活かし、次回に挑戦しよう。

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2010年4月 6日 (火)

久しぶりの・・・     2010年04月06日

ようやくこのポイントへ行けました。
というより行く気になったって言ったほうが良い
毎年、釣れるサイズと数が減少してきているこのポイント。
だけど絶対に先行者が居ないポイント。
先日ダイズも行ったって言ってたし・・・
朝早くから約30分の暗闇ウォーキング。
ちょっとジアイより早く到着。
尺ヘッドDにフィッシュテイルをセット。
ダートさせ、リアクションバイトを誘う。
3本ほど連続でHITし、今日はこのパターンで行けそうだと思った矢先、アタリが皆無になる。ワームのカラーや種類を変えても全く反応なし。
一旦釣れだしたら止まらないのが朝マズメの特権なのに・・・
今度は表層ただ巻き。
一発でHIT
派手に動かない方が良いみたい。
ベイトフィッシュらしきものは確認できないので、アミパターンが有効
ならもっとスローにとミノーに結びかえる。
結局これがベスト。
連続HITが続く。
サイズは21cm~22cmくらいのばかりですが・・・
色々なレンジを攻めてみるも、同サイズばかり。
何処かに25アップが居ると思うのだけど・・・
そうこうしている内に今度はアジが・・・
ミノーで食わせてしまうと、フックを外す手間がかかってしまいます。
段々めんどくさくなってきたのでワームに戻します。
表層にはアジが、中層にはメバルが・・・
表層のアジさえかわせばメバルを釣ることができていたんですが、次第にアジの範囲が拡大化していき、メバルはどこかに追いやられた様です。
どこを攻めてもアジ、アジ、アジ
良型のアジならまだしも、20~22cmくらいのどうでもよいサイズ。
もうこうなったらお手上げです。
メバルってアジの群れに弱いんですよね。
ビビッて何処かに行ってしまうのでしょうか
まあ今日はまずまずの数を釣って楽しむことが出来ました
持って帰ったメバルの胃の中はアミしか入ってませんでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

寝坊という名のていたらく  2010年04月04日    

ワレメ職人と新場所調査。
本当は左近も同行する予定だったのにまさかの寝坊。
あれだけ張り切っていたのに・・・
で、結局二人で・・・
真っ暗な山道をひたすら歩き、ようやく海に出たと思うと風が強い。どこがポイントなのかようわからんけど、まあセオリー通りの潮通しの良さそうなポイントを攻めてみる。
思ったより水深は浅い。
手前は藻とシモリが点在しており、極端な地形変化はありません。
今までの経験上、この時期、藻の中には目当てのメバルは居ないはず。
藻の向こう側がポイントとなる。回遊性の高い奴は特に。
風の影響もあり、飛距離を稼ぐためにWキャロを使用せざるを得ません。
4gのWキャロを使用し、まずは表層から・・・
一発でHIT

Dsc02444

まずまずのサイズ
です










そこから立て続けに同サイズが出ます。
が、夜が明けたと思ったらすぐに金メバラッシュ。
もう終わりですかい
狙いの奴は出ないし、風がウザイために風裏に移動。
メバルの数は多いみたいですが、時すでに遅し。
同じく金メバラッシュ。
サイズはそこそこですが、体高のあるアジも混ざります。
基本、砂地のポイントなのでメバルの回遊がなければ全く皆無の様。
小さなシモリや藻に付いている狙ってない奴しか釣れません。
まあ今回はポイント調査ということで・・・
こういった地道な努力が必要なんですよ。
人から教えてもらったポイントで釣らせてもらうのもそれはそれで楽でいいのですが、そればかりでは新規開拓しようとしてもポイントの的が絞れませんし、レベルアップもしない。
メバルは自分には難しいのでレベルアップをしないと・・・
もう数回通ってポイントの特徴を掴みたいですねぇ。
ワレメ職人さん、次回も同行お願いしますよ
左近さん今度は寝坊しないように


| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »