« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月29日 (火)

これが本当の入れ食い?   2011年11月29日

マズメ~日中でしか釣れないポイントが去年から夜間も釣れるようになっている。前回行った時もそうであったのでもう一度チェックのつもりで行ってみました。
実は寝坊して予定の時間より遅れてしまい、ロッドも急いでロッドスタンドに並んでいるやつを適当に取っていった。
ポイントに到着すると表面がかなりざわついています。
ワンキャストでアジ。サイズは・・・ 22cm前後。
やっぱり暗い内はサイズの期待は出来ないか・・・
その代わりワンキャストワンヒット。100回キャストすれば100匹釣れるくらい。
実際100連続HITまでは数えました(笑)
マズメに近づくとサイズが少し上がり23~24cm。
やっぱりこのポイントはマズメからが本命です。
レンジをボトムに集中して攻めているとドン


キタ━━━━━━\(゚∀゚)/━━━━━━ !!!!!

明らかに尺超え。使用していたロッドは76Tであるためにパワーで浮かせてきます。

プンッ!あっ!

( ;´Д`)いやぁぁぁぁぁー!

ラインブレイク。
ちょっと誰かさんみたいに表現してみました(笑)
ジグヘッドのノット部分で切れてました。今まで釣ったアジで傷ついていたのでしょう。
夜が明け更にサイズが上がりアベレージ25cmを超えてきました。
その中で尺2本GET
それ以上を期待しまうが、そう簡単には釣れてくれません。それどころかサイズが下がってきました。
しかし、凄いところはいまだにワンキャストワンヒットが続いているところ。
今シーズンは去年に比べアジの量が多い。ポイント次第では今日のこのような状態になるところもあります。腐ってるところも多々ありますが・・・
8時前までやって状況も良く分かったので終了です。
なかなか楽しませてもらいました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年11月27日 (日)

マイクロゲーム

ワレメ職人が前回の私のブログを見て興味を持ったらしいです。
今日、一緒に釣りに行ったのですがワクワクしすぎて久しぶりの「ワクワク不眠症」が発病したとのことです。
なんでまたたかがワカサギ釣りなのに(笑)
ワクワクすると敗北ってのがセオリーな私達ですが今日はまずあり得ないでしょう。
今日やらないでいつやるってなほどのワカサギ釣り日和。
とりあえずワクワクの度が過ぎて購入してしまったゴムボートの進水式を・・

1
最初のポイントは前回も最初にやったポイントから。ここに居なければ今日はダメかもと思えるくらいなので状況判断にもちょうど良い。
で、やはりのっけから釣れます。
使用タックルはソルセンのリンバーにステラ。通常ならワカサギ釣りにはまず使うことのないタックルですが、高感度のタックルでやるからこそ面白いのかも知れません。

2              子供のようにはしゃぎながら楽しんでます

初めて朝早くからやったのですが、朝は結構浮いています。
レンジが分かれば連発。
でも良型はやはりボトム付近。
どの魚でも同じなんだな~と実感できます。
喰い渋った時のナチュラルなフォールが強いことも同じ。
胴付き仕掛けなので通常はラインを張った状態で軽いしゃくりを入れながらアタリを待ちますが、それでは全く口を使ってくれなくなることが多い。
そんな時には錘をボトムに着けた状態からラインをたるませることによってスローなフォールを演出させる。これがかなり強い。
昼過ぎからはこれをしなければほとんど釣れないと言っても過言ではないほどでした。
ある程度釣ったので新規ポイントを探して回りますがどうもいまいち。
最後にもう一箇所の好ポイントへ。
ここも良く釣れます。しかもサイズがアップしてきました。
20年前くらいに見つけていたポイントが今でも同じように好ポイントとなっているんですね~。
十分堪能できたし、ワレメ職人も満足していたようなので良い一日でした。

今回のワカサギ釣りで再度認識したのですが、やっぱり釣りが上手くなりたいのなら色々な釣りを経験しないとダメだということです。
自分はあまり色々な釣りをしないので・・・
アプローチ方法は違えども皆同じ魚。
本当に釣りの上手な人はどんな釣りをしても良く釣ると思います。私のまわりにも何やっても良く釣る人がいます。反対に他の釣りになると途端に釣らなくなる人もいます。
狙う魚に対しての適応スピードの違いなんでしょう。いかに考えて釣りをしているかで大きく変わってきます。釣らない人は何も考えてないか的外れなことをしているかのどちらかであることが多い。

色々な釣りを経験することによって自分のメインの釣りにフィードバックする。そういった観点からも他の釣りを積極的にやっていきたいですね(出来ればですが・・・)

今日の釣果は360匹でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年11月25日 (金)

寒い夜    2011年11月24日

身体も釣果も寒い夜でした・・・

1
2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月22日 (火)

デイアジ調査    2011年11月22日

最近かなり寒くなってきました。
もみじも真っ赤に色づいています。

1
今日もベイト付きを求めてデイアジング。
前回祟られたポイントへ再度チェック行くもベイトっ気なくなんとか釣れたレベル。

2
24cmくらいでこのポイントのアジにしては小さい。このポイントも終わった感があるために場所移動。
ベイトの量は次のポイントの方がかなり多いけど・・・
ボトムを取ればやっぱり巨ベラ。
潮は全くといって動いてない。
そんな中、幅広の良型アジHIT。
やっぱりこのポイントは良いアジが居るみたい。
数は釣れなかったけどまだまだいけそうな気がします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年11月20日 (日)

ワカサギ釣り    2011年11月20日

下の娘が昨日の釣りロマンを見て、「ワカサギ釣りたいんよね~」と・・・
もう少し水温が下がらないとまとまった群れにはならないだろうなと思いつつも釣具屋でワカサギのリグを購入し、昔バスフィッシングで通いつめたリザーバーへ。
しかもゴムボート!!
強風の中、体力の衰えた私に手漕ぎはちと辛いです。
バスフィッシングをしていた時に魚探でベイトチェックとしてワカサギをチェックしてたし、実際にワカサギ釣りも数回した経験があります。
そのおかげでワカサギのポイントを数箇所知っていたので取りあえずそのポイントへ向かいます。
時折強風が吹き、日頃使わない筋肉を更に使わなければならない状況。
こんな状況なので釣りの最中もずっと操船しながらリグをステイさせないといけないだろうと思い、ロッドは娘のものだけ。
ポイントに着き紅サシ付けて、とりあえず娘にボトムを取るように指示。
そして「昨日、釣りロマン見たじゃろそのようにやりんさい。」と・・・
暫くして初HIT。
娘はちゃんとアタリを感じているみたい。OKです。

1
私はず~っとボート漕ぎ。風でかなり流されてしまうんですよね~。
流されるとリグを引っ張ってしまうのでそれでは全く釣れません。なるべくステイできるように常にボートの位置を修正しないといけない。いや~まいった。
エレキが欲しいです。
まあそれでもポツポツ釣れ、娘は結構楽しんでました。
「俺ボート漕いでただけ~」だったですが・・・
っていうかマジ筋肉痛です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年11月17日 (木)

アジング27耐    2011年11月15~16日

今回はかなり長い時間釣りをしました。
昼の3時~次の日の夕方5時まで。
おかげで今まで調査しなければ・・・と思っていたポイントの状況チェックが幅広くできました。
朝マズメ狙いのポイントで夜間からポツポツ釣れ、スイカさんは良い練習になったのではないでしょうかしかも27cmのメバルまで釣ってるし・・・
夜が明け釣具屋で必要物品を購入後、最近調子を上げているポイントでのデイアジング。
しかし、まさかのホゲ。
やっぱりこの人が来ると・・・
ならばと最後の砦でベイト付き狙い。
大潮が抜けてどうなったか確認も込めて。
終了間際に大量のカタクチが押し寄せてきました。
そしてキャスティング圏外の遥か沖では大きなナブラが出ています。
これが近くまで来れば最高だけど、そう簡単には・・・
中と外からの潮が合流する部分でベイトが溜まり、その位置でアジが連続HIT。
ベイト付きにしては少々小ぶりでしたが、まだまだこのポイントはデイアジングで狙える対象であることがわかりました。
そういえばこのポイントで嬉しい外道が出ました。

2
3
33cmのカサゴです。ここまでの大きさになるとファイトも楽しいものでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月14日 (月)

尺率NO.1ポイント   2011年11月14日

今日もベイトを求めてデイアジング。
例年なら終わっているポイントがここ最近良い感じみたいなので午後2時過ぎから大佐とポイント入りします。
前回の釣行時に今年は終わったと思ったポイントだったのですが、実は遅れていただけだったのか
昨日に引き続きかなりの強風ですが、Wキャロ8gでなんとか凌ぎながら釣りを開始。
開始早々大佐が・・・

1
いきなりの20cm後半の良型をキャッチ。
この時間帯からすでにアツいゾーンの突入していたようです。
小さいマルアジや20cmくらいのアジが連発します。
でも今回はこんな奴を釣りに来た訳ではありません。
デイアジングの目的はやはりベイトに付いている良型アジ。
ベイトはかなり入っているのを確認済みのため、どこかに良型がいるはずと思い、ワームをフィッシュテールのクリアケイムラに変更し、チビアジが群れている場所より潮上にキャスト。それが見事にドンピシャ

2
一本目から尺が出ました。
今日はこの一本で満足です。
それからいつものブレイク付近で25オーバーが良い反応をしめします。

3
それにしてもベイト付きにはフィッシュテイルが強い。
特にデイでの実績が高いカラーはクリア/ケイムライト。
自分の中では鉄板カラーです。

4
やっぱりデイアジングは楽しい。
狙って良型を出せる所がまた良い。(外すことも多いけど・・・)
ナイトより付き場を探すのが遥かに難しいけど、それが自分のスキルアップに繋がります。いつまで楽しませてくれるかなぁ

5

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月13日 (日)

ベイト付き探し     2011年11月13日

ここ最近はベイトが少し南下しているような・・・
で、今日は対岸?を攻めてみようと単身ポイントへ向かいます。
潮通しが良い場所で鳥が群れている場所・・・ここしかないじゃろってなことでWキャロを打っていきますが、やっぱり外道。今度は爬虫類ではなくこいつ・・・

1

ボトム付近はこいつが何匹でも釣れます。中層を潮にドリフトさせるとこいつ。

2

そろそろジアイかと思っていたら風がどんどん強くなり、キャロのウエイトを上げざるを得ない状況に・・・
まさかこんな所でこれを使うことになるとは・・・
ワレメ職人にマークスマンでの一番飛距離が出せるウエイトとしてWキャロ12gを作ってもらっていたのですが、これを使用しても話しにならないほどの強風。
それでもアジの顔を見ておかないと後に続かないので、なんとか頑張って・・・

3
4
5

なんとか数本釣ることができたけど鳥がざわついているポイントに打ち込むことが出来ればもっと良いサイズが期待できたのだが・・・
風が無くてもダメだったかも知れないけどやることをやってダメならそれはそれで満足。しかし、やれなくてダメなのはやっぱり悔しいですね。
取りあえずアジが居ることは確認できたのでベイトが入っているうちにもう一回調査の必要性ありです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年11月12日 (土)

ベイト付き狙い   2011年11月11日

昨日、今日と続けてデイアジング。
大佐によると先週まではぷりぷりの25オーバーのアジがデイのたった1時間くらいで50本くらいキャッチできる状態だったらしいのですが・・・
大潮、ど干潮、潮動かずと最悪な条件が重なっているためかキャスティング圏内にはアジは皆無です。
ベイトの入り様もいまいち。
遥か沖ではアジのナブラが出ていますが、やはり接岸はしない模様。
大潮が抜け中潮の最終くらいが潮位的にもベストなのでその時にもう一度チャレンジしてみよう。
ベイト付きのアジが接岸してくれれば良いが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月10日 (木)

爬虫類の祟り     2011年11月09日

朝一、実習前にここ最近大佐が良い思いをしている近場のポイントでやるも、上はダツ、下は爬虫類、真ん中は何もおらずで撃沈。
実習終了後、また釣りに行ってやると固く心に誓います。
夕方、防府からソッコーで帰り、そのままポイントへ。
先週まで絶好調で20後半のアジが爆だったポイント。
ワレメ職人も合流するが・・・
かなり人は多いですが、多いのは人だけみたい。
場所も狭いし、時間つぶしに違うポイントへ。
ボトムで好反応。
しかもアジではなく爬虫類・・・
なんで夜にこいつなんか~!!
しかも最近こいつにかなりやられる。
祟りじゃ~。

祟られながら時間潰しをしたのち元のポイントへ戻るとあれだけ居た釣り人がほとんど居ません。
狙いのコースがトレースできる場所へ陣取り、先行者に釣果を聞くと「アジなんて全くいません」と・・・
たしかに居ませんでした。
先週まで何百という良型アジが釣れていたのに・・・
やっぱり大潮はダメだな~。大潮に入ると状況が一変してしまうことが多い。なぜだかいまだに解明できませんが、ワレメ職人が言ってたように「大潮はアジの移動日」なのかも知れません。湾内に餌を求めて回遊するのではなく外海を移動目的で回遊するのではないでしょうか
粘っても仕方ないので早めに撤退。
明日は大佐と最近良型アジ絶好調のポイントでデイアジング予定。
どうせ、どうせ・・・で終わる気がするのは私だけでしょうか

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年11月 6日 (日)

遠征    2011年11月05日

ワレメ職人と二人でちょっくら遠征。
久々の県外遠征です。
午後15時30分くらいに今回の遠征地に到着。
何せ初めてのエリア、初めてのポイントなんでどのようなポイントがあるのかは全く不明。
当然のことながら前情報も全くなし。
とりあえずポイントを選定するため車で流します。
潮通しの良さそうなポイントでベイトを発見したのでまずはこの場所から・・・
ワンキャストでアタリ。が、何かいや~なアタリ方。
で、次のキャストでフッキング。
このロッドを叩くようなヘッドシェイク。ここ最近良く味わっている感触。
のわ~~~!!ここまで来てもこいつかい!?
爬虫類・・・
少しポイントをずらし、周辺で一番深く落ち込んでいる場所を発見。出るならここじゃろと二人で攻めますが、ここはワレメ職人のお友達の住処のようです。
ポイント選定ミスったかな~
ベイトは豊富だし、デイならここがベストと判断したんだけど・・・
何本もカサゴを釣っているとそのうち友民党に入れられてしまいそうなので、暗くなったら移動しようと思ってた灯りのある場所へ・・・
先行者が居たのでとりあえず挨拶し・・・
ん?何か似たような格好。もしかして・・・
お会いするするのは初めてでしたがEGプロスタッフの職人さん(ワレメじゃないよ)
まさかこんな所で出会うなんて・・・
そこから職人さんと行動を共にさせていただきます。
どうもこのポイント今日は釣れないようなので場所移動。

次に入ったポイントは小さな漁港。
水深があるわけでもなく特にこれと言ったものがあるわけでもない普通の漁港ですが、港内に入っているベイトの量が半端ない。
とりあえずはセオリーであるミオ筋狙い。
のっけから20cm後半のアジ。
立て続けに同サイズ。ワレメ職人も続きます。

1
しかし、それからアタリが遠のきます。
しつこく何度も同じポイントを打っていると偶にあたる程度。
アジが漁港内を回遊していてそのポイントを通過したときのみ釣れるといった感じで、ついているわけではなさそう。
そんな中、三人がポツポツといった程度。
でも釣れればサイズは良い。
と、リンバーにジグヘッド単発で攻めていたワレメ職人のロッドが綺麗な弧を描いてます。
危なげなくやり取りをし、あがった奴は・・・


2
3
プリプリの36cm。
へぇ~、こんな場所にこのサイズが居るんだ。
自分は泣き尺の29.5cmがMAX。
干潮潮どまりになり、ただでさえ少ないアタリがほとんどない状態に・・・
上げに入るまで他の場所の探索に出かけ、アジが皆無であることを確認し、また戻ってきました。朝まで粘ってみて終了。
長い時間の釣行で、ぶっ倒れそうでしたが、そこそこ楽しむことができました。
職人さん、お付き合いありがとうございました。
来月宜しくお願いしますね~。
ワレメ職人さん、長距離の運転お疲れ様でした。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2011年11月 3日 (木)

大爆釣劇      2011年11月02日

夕マズメ、そろそろおいしいかと思われたポイントでまさかの撃沈。
釣れないことはないのですが、大きくても22~23cmクラス。
このポイントのスペックはこんなものでは無いのだけど年々悪くなっているし、見込みがないので早々に切り上げ場所移動。
で、次のポイントが大当たり。
のっけから20cm後半サイズの連発。

0
1
水深は結構あるポイントなのでアジを探す過程が面白い。
そこまで難しいといったレベルではないけど適当にやってしまうと途端に釣れなくなるところが面白くてたまらない。キモはフォールをどのレンジでどのように入れていくか・・・
これを掴めば面白いように口をつかってくれるのですが、わからないとちょっと厳しいのかも実際、広島から来たというアジンガーが隣りに入ったのだけど2時間くらいやっても一本も釣ることは出来なかったみたいだし。

順調にアジは釣れ続け、釣れなくなるとアジの回遊に追従するようにトレースするライン、レンジを大きく変更。アベレージは25~28cmってところ。尺上も数本混ざります。
ワームではまれに22~23cmクラスが混ざってしまうため、サイズを選ぶ意味で、ジャベリンジェットを投入。
小さい奴に邪魔されることなく25cmUPがコンスタントに釣れます。しかし、ジグの操作って難しい。自分は苦手な方かなベイトを追い回しているような時で巻いて釣れるのならば簡単ですが、夜間にそのような状態になることはあまりありません。
ジグをちょんちょんとしゃくる→軽くテンションンを抜いてフリーフォール→テンションをかける これの繰り返しが今日は良い反応をしめしてくれます。
それも狙い通り25cmUPが・・・

2_2

ジグでの反応が無くなり、ここで休憩。
遅くまでやるつもりではなかったので食料は何も持ってきておらず、我慢できずにコンビニへ買出し。
帰ってきてから再度ワームにて。
今度はイカチュー1.5を投入。
これが吸い込み良すぎ。
はずすのが難儀になるほど奥まで・・・

3

なんだかんだやってると結局朝までコース。
朝マズメはたいしたことない釣果でしたが、大佐が33cmをきっちりGET。
本当に今日は良く釣れました。
二人で300本以上は釣ったと思います。25cmUPだけでも半分は超えているでしょう。
全部持って帰っても仕方がないので27~28cmをメインにお持ち帰り。それでも68本いました。この状態がいつまで続くのかわからないけど、またいつか楽しませてもらおう。

4

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011年11月 1日 (火)

朝マズメ    2011年11月01日

ここ最近の潮は朝マズメが干潮。
となれば干潮でしか行けないポイントへ・・・
久しく行ってなかったので様子を見てみたかったんだけど・・・
アジ皆無です(汗)
ワームにもジグにも全くあたらず。ベイトっ気全くなし。
今年はこのポイントは終わったかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »