« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

2011釣り収め    2011年12月31日

夜勤明け・・・ 良い天気。
ワレメ職人はきっとワカサギ釣りに行くだろう。
電話してみよう
「今、実は○○でメバリング中。でも今から帰って行こう」
とのことで私の釣り納めはワカサギ釣り。
結果は惨敗ですが・・・
147匹。
なぜ毎年大晦日の釣りは惨敗で終わるのでしょうか
明日の釣り初めもワレメ職人と・・・
新年早々惨敗だけは避けたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月27日 (火)

スパーク40     2011年12月27日

今日、非常に役に立ってくれたワームがこれ。

0
アクアウェーブ スパーク40
マイクロワインド用のワームです。
小さい割りにかなり良いダートをしてくれます。
しかし、フリーフォールの釣りには弱い。
このフォールに弱いってところがミソ。
朝マズメ、高活性状態で通常のニードル等のワームではフォール中に中層のアジが引っ手繰っていってしまい狙いのレンジが中々狙えない。
そんな中、このワームだけはフリーフォール中に一回もバイトがないんです。
じゃあ釣れないのか
そうではありません。
カウント50の狙いレンジに到達後、ちょんちょんとしゃくってダートさせ、すぐにテンションをかける。すると止まった瞬間にバイトが多発。
しかも大きく吸い込んでくれるためかアタリが明確にでてくれます。
暫し入れ食いです。
ボトム付近でのフォールでしかアタリがなくなった時にはニードルに戻す。
このローテーションで上手く狙いのレンジのみを攻めることが出来ました。

アジのアタリが遠のき、そろそろ帰ろうかと考えていたところ中層でメバルがサスペンドしているのを発見。
すかさずスパーク40を投入し、ワインド釣法。
メバルはイチコロです。
メバルには特に強いような気がします。
サイトで暫し楽しませてもらいました。
更にこのワームの特権。破れない(笑)
かなり気に入ったワームの一つとなりました。

1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月26日 (月)

ブリクセンブーツ

歳をとって寒さに耐えるのも辛くなってきました。
この時期、一晩中釣りをしていると段々身体が冷えてきます。
どこから冷えてくるかってやっぱり末梢からです。足元からが一番。
今までは足元の防寒対策はしていませんでした。
どんなに良い防寒着を着ていても足元の防寒対策ができていなければこの寒さに耐えることができません。
そこでKEENのブリクセンブーツ。

Photo

保温性の他に透湿性、防水性、グリップ力もあり、全天候で使用可能。
先日の釣りでもヒートテック靴下とこのブーツのコンビで足元は快適でした。
これでなんとか寒さに耐えれそうですが、今度は24時間以上起きていることが段々辛くなってきたようです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年12月21日 (水)

プリメバル調査   2011年12月20日

プリのデカメバルを求めて大佐と共に一晩かけてとあるポイントの調査。
チビアジの量が半端なく狙いたいレンジまで到達できない状態に悪戦苦闘しているとあっという間に夕マズメ終了。
メバルの顔は中々見れず、釣れるのはアジばかり。サイズは25~のが結構釣れるのでそこそこ楽しめますが・・・

1
表面で時折ライズがみられるためにミノーを投入。
ミノーにもアジが良い反応です。
反応が良いのはアジばかりではありません。

2                     シーバス62cm

3                      82cm

4                      74cm


あまり嬉しい魚種ではありませんが、PSSS-67Sでそこそこ楽しませてもらいました。
やっぱりこのロッド、何か色々な魚種を釣らせてくれるロッドです。
シーバスくらい楽にやりとりできるし・・・
更に強かったルアーがこれ。

5
Dコンタクト クリアーバージョン。
渓流で役目を果たした奴を対メバル用に加工したもの。
渓流でも強ければソルトでも強いようです。
大佐もシーバス仕留めてます。

6
飽きない程度にそこそこのサイズのアジが釣れ続け、アジングをしにきたのだと勘違いしてしまいそうなほどメバルの顔を拝めず・・・
それでもサイズを問わなければなんとか二桁は出せたのですが・・・
朝マズメまでやって帰りたい気持ちはありましたが、ノックアウト寸前だったために撤収です。
メバル・・・ 難しい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年12月13日 (火)

ベイトの再来     2011年12月13日

ベイトが抜けてほったらかしにしてたポイントにまた大量のベイト。
今シーズン、このポイントのベイト付きのアジは良型揃いだったのでかなり期待が持てます。
大佐がWキャロ+ワーム、私がジグで狙い、早々に大佐にHIT
のっけから25cmクラス。
中々良いではないですか。
ジグに反応がないため、私もWキャロ8gに変更。
良い感じで釣れてくれます。

1
しかし、釣れるポイントはキャロが必要ないくらいの距離。
それならばキャロを使うのは間違った選択。獲れる魚も獲れない。下手にアジを散らしてしまうだけです。
スプリットに変更。
ビンゴです。
明らかにこっちの方が釣れる。
しばらくするとアジは右の方に寄ったみたいであったので右に50mほど移動。
ワンキャストワンヒットです。
アベレージは25cm前後。
その中でどでかいアタリ。
84Tで鬼あわせ。
一瞬のりましたがフックオフ。
なんとフックがのされてワームまでもっていかれてます。
もしかしたら40だったかも
フックサイズを上げるべきかな
その後は徐々にあたりが遠のきいつもの静かな海になってしまいました。
後日リベンジです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月12日 (月)

デイアジチェック     2011年12月12日

前回デイアジが好調だと判断したポイント・・・
もう一度チェックの為に行ってみました。
潮の効き具合はちょうど良く、潮目が真正面に。
ベイトの確認は出来なかったけどデゴウドウの姿をみてベイトが入っている可能性ありです。
この状態で釣れなければデイアジングが成立するポイントとは言い難い。
そう思いながらアジを探していきましたが、やっぱりちゃんと居てくれました。
サイズは小さいながらも数は多くワンキャストワンヒット状態。
中には25cmクラスも混ざりますが、そのサイズを狙って獲るのは難しい状態。再現性がないために何処に同じサイズの群れが居ることやら・・・
ジャベリンジェットで良型狙うも通常サイズ。
しかし、これだけアジが入っていればいつかは良い釣果を得ることが出来るのではないかと思います。
暫く様子を見る必要ありです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年12月11日 (日)

皆既月食な日の旅

からあげ最高
温泉最高
海路最低
俺、酔ってただけ・・・
でも北斗最高!!
中々楽しい旅を堪能できました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 8日 (木)

貸切りの湖

朝から雨が降ってます。
ワレメ職人がせっかく年休取ってるし、超がつくほどの無風のために決行します。前回の数を上回る釣果を求めて・・・
やってみると中々奥が深いワカサギ釣り。
今日は一つのポイントを集中的に攻めます。
それにしても寂しくなるくらいの静寂さ。
全くの無風のために非常に釣りやすい。
しかし、前回より活性が低いようで、様々な誘いを駆使しないと中々釣れません。
今日でまた一段と引き出しが増えました。
目標の400匹には届かなかったけど前回を上回る382匹。
まあこの活性でこの数は満足できます。
ワレメ職人さん、次回こそは400匹を超えましょう

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月 6日 (火)

ベイト抜け    2011年12月06日

あれだけ居たベイトが全くみえない。
釣れるアジは心なしか幅が狭いようです。
群れが変わったって感じ。
やっぱりベイトの威力って・・・

1
その後、用事のあった場所の近くのポイント。
ふら~っと寄ってみる。
全く釣れなさそう。
周りはサヨリ狙いの餌師が数人、のんびり釣りをしています。
でもワンキャストからアタリが・・・
しかもそこからワンキャストワンヒット。
あっと言う間に30匹。
まさかこのポイントのデイでこの釣果とは・・・
サイズは22cm前後でいまいちですが中々楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 4日 (日)

複雑な流れ   2011年12月04日

潮が良く効き更に複雑な流れの中での釣り・・・
4gのスプリットでは潮が速すぎてボトムなんて取れない状態。
これ以上のウエイトのリグは無いのでなんとかこのリグで攻略しないと・・・
かなりの当て潮であるがある地点から潮が巻いている。ここまで来たらラインをフリーにして更にボトムへ送り込むことができる。しかし、ちょっと外れてしまうとあさっての方向へ流されてしまいます。上手く狙いのポイントまで沈められる潮にのせなければなりません。
潮を感じながらの釣り・・・ 感度が高いロッドというのはアタリが早く取れるってのが最大の武器いや、やっぱり微かな潮の変化が取れるということが最大の武器なのではないでしょうか潮を感じることで狙うポイントを限定することもできる。
上手くその潮にのせ、いつもの狙いのポイントまで送り込むことが出来れば20後半のアジを釣ることができます。
しかし、潮がききだしてから20~22cmくらいの小さい奴が大量に入ってきて、フォール中に持っていってしまうので難しい。
そして今日もアコウがHIT(ばらしたのでおそらくってことで)
タックルは前回と全く同じ。
しかし今回はロッドを立てて耐えることしか出来ずラインブレイクです。
ここはやっぱり何かサプライズがあります。次回は1lbアップしてみよう。
で、だいずから「尺は」ってメールが届いたのですが、「・・・。」です。
シンカーのウエイトもアップせねば・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 2日 (金)

相変わらずの爆風     2011年12月01日

朝の釣りから帰って用事を済まし、アコウを食します。
刺身で食べたけど甘味があって美味しい。更に皮も美味しい。
感激でした。
夕方から関西の友人が来山するために一緒にアジング。
朝からの風は全くおさまってません。
とりあえずゆっくりとできるポイントを選定します。
ある程度楽しみ、サイズが伸びそうもないために場所移動。
かなりの強風ですが、初めのポイントよりはサイズが良い。
きちんと居るところを攻めるとサイズは必然的に上がります。
私はほとんど釣りをせず皆の釣りを見ながらダベリング。
駄弁っているだけでも楽しかった。
釣り仲間っていいもんですね。
また此方に来てくださいね~。

0

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年12月 1日 (木)

爆風の中のサプライズ    2011年12月01日

午前2時30分、目覚ましがなって起きると爆風。
こんな風では通常釣りに行かないレベルだけどあのポイントならなんとか釣ることはできるはず。大佐にもあのポイントのポテンシャルを見せてあげたい思いもあり、強行突破。
マジ凄い風です。空のクーラーなんて飛んでしまいそう。
最大風速は20Mくらいあるんじゃねえの?ってな状態ですが、やっぱりワンキャストワンヒット。
吹き上げられるラインをなんとか上手く処理しないととんでもないことになってしまうので膝胸位のような体位になってロッドをできるだけ水面近くまで下げてその中から良型を狙っていきます。ベイトがかなり入っており表面はボイルしまくり。この状態でボトムを攻めてもサイズアップは見込めそうにない。かといって表層では20~22cmくらいの嵐。
小さいサイズのアジがベイトを捕食しているその少し下、ここしかないでしょう
25cmクラスがポツポツ混ざる中、思ってもみなかった足元付近でガツンと。
早速狙いのサイズである31cmのプリプリのアジGET
しかしベイト付きのアジの食い込みの良いこと。
がっつり喰ってくるので少々あわせが遅れようとも関係ありません。
そんな状態でワンキャストワンヒットは続きだらだらと夜明けまで・・・
結局風に負けてしまいデイでのピンスポットを攻めきれず。
ここからが本当は本番なのに・・・ と思いながら根がかり覚悟のボトム攻め。
やっぱり根がかったか・・・ いや、生命感が・・・
ドラグが鳴る。で、でかい!半端ないでかさ。

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

また誰かさん表現(笑)
ロッドはPSSS-67S、リーダー4ポンド。さっき点検したときにはキズもノットもなかったので少々強引にやっても大丈夫。というか強引にやらないとこのポイントではあげることは不可能。
うりゃーっとポンピングしながらのやりとりで案外簡単に浮いてくれました。

ドーーーーーン!!


1
2_2
このポイントでまさかのアコウ45cm。
正直に嬉しい外道。
もうこの魚で十分です。
尺アジなんそれってな感じで終了です。
やっぱりここのポテンシャルは凄かった・・・
   

| | コメント (15) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »