メバリング2011

2011年12月21日 (水)

プリメバル調査   2011年12月20日

プリのデカメバルを求めて大佐と共に一晩かけてとあるポイントの調査。
チビアジの量が半端なく狙いたいレンジまで到達できない状態に悪戦苦闘しているとあっという間に夕マズメ終了。
メバルの顔は中々見れず、釣れるのはアジばかり。サイズは25~のが結構釣れるのでそこそこ楽しめますが・・・

1
表面で時折ライズがみられるためにミノーを投入。
ミノーにもアジが良い反応です。
反応が良いのはアジばかりではありません。

2                     シーバス62cm

3                      82cm

4                      74cm


あまり嬉しい魚種ではありませんが、PSSS-67Sでそこそこ楽しませてもらいました。
やっぱりこのロッド、何か色々な魚種を釣らせてくれるロッドです。
シーバスくらい楽にやりとりできるし・・・
更に強かったルアーがこれ。

5
Dコンタクト クリアーバージョン。
渓流で役目を果たした奴を対メバル用に加工したもの。
渓流でも強ければソルトでも強いようです。
大佐もシーバス仕留めてます。

6
飽きない程度にそこそこのサイズのアジが釣れ続け、アジングをしにきたのだと勘違いしてしまいそうなほどメバルの顔を拝めず・・・
それでもサイズを問わなければなんとか二桁は出せたのですが・・・
朝マズメまでやって帰りたい気持ちはありましたが、ノックアウト寸前だったために撤収です。
メバル・・・ 難しい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年3月26日 (土)

不発    2011年03月25日

そろそろ良い感じでメバルが釣れだすはずだと単身磯を歩いてみたけど、マジでって言いたくなるような釣果。
ブルーがメインのこのポイントで出たのは20cmくらいの小さい奴1本。
あとは茶・・・
ん~なんでだろう
先日、てるてる坊主、だいずとともに行った磯も同様に釣果は芳しくなかった。
今年は遅れているのかなベイトの気配もないし。
明日は左近と違うもう一つの磯場をチェックします。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2011年3月24日 (木)

忍耐の釣り    2011年03月22日

何故かワレメ大佐との釣行は釣り易い天候ではないことがほとんど。
今回も風と寒さで途中心が折たほどです。

風の影響でどうしてもジグヘッドのウエイトを上げざるを得なかったのですが、あまりにも反応が鈍い。スプリットやキャロではアタリすらほとんどないし・・・
いつもの着き場には良型メバルは居ない模様。
で、藻と沈みテトラが絡むポイントで藻の上をしつこく通すと「ドン」

1_2                      28cmの良型

今日はこのポイントの方がサイズは良いみたい。その後もまずまずのサイズを数本。
気を許すと藻に突っ込まれますが・・・
大佐は初めてのポイントで最初はポイントの特徴を掴むまでに苦労していたようですが、いつものことながらあれやこれやしながら良いサイズを引っ張り出してます。

2_2  
寒くて厳しい釣りにはなりましたが、なんとか結果を出せた釣行でした。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年3月21日 (月)

泣き尺

悲惨な東北地方太平洋沖地震から1週間以上が経ちました。
ブログの更新を自粛していたのですが、いつまでもそうしている訳にもいきませんし、ブログや釣りを自粛したからといって被災者の方に何の役に立つわけでもないし、喜ばれるものでもないと思います。
自粛よりも他にやらなければならないことは色々あると思います。
これからも被災者の方のために自分が出来ることをやっていき、復興を支援しつつも自分の生活を満喫していきたいと思います。

で、先日の釣行を・・・

ワレメ職人とメバリング。他には餌師の方が一人のみ。
3人のみなのでポイントを広く探ることが出来ます。
と思っていると見覚えのある車が・・・
サルカンとつちのこ氏登場。
ポイントは広いし人数いたほうが楽しいのでちょうど良い。

ジグヘッド単発で探っていくも釣れるのは釣れるけど20cm弱の小さいやつばかり。
潮が良くないせいだろうか全く動かないし。
上げの3分くらいからサイズも良くなり25オーバーも混じりだす。

0

2

尺メバルは平均サイズが釣れるゾーンにはおそらく居ない。
このポイントは手前のかけあがり以外は沖にはストラクチャーも何もなく砂地で平凡。
潮も流れてないし、違いを求めるならば光の関係。
光と闇の境目よりもちょっと闇側。
数は少ないけど釣れればサイズは良い。
そこを攻めていると中々引きの強い奴が・・・
さっきまでPSSS-70Sばかり使っていたけど、かけたロッドはPSSS-610S。
手にかかる負荷は前者に比べて少ないためにサイズがいまいち判断できません。
抜きあがる前にデカイとようやく判断できました(笑)
タモは持ってないので抜きあげるしかなかったので慎重に抜きあげます。
計測すると・・・
29.5cm。
泣き尺でしたが満足できる一本。

3

負けず嫌いのサルカンは意地でも尺上獲ってやるといいながら頑張ってますが、28.5cmどまり。それでも立派なサイズです。
尺が出るか出ないかは後は運です。それ以外は出すための仕事をやったと思ってます。

4_2 

今日もボトム付近の反応が良い。
しかもまたイカチューが活躍。それも発売されたばかりの1.8インチ。

5
他は簡刺しアミやイカマティ等が絶好調。
ベイトはほとんどがアミなので長いワームは必要ありません。
実は使ってみたら良かったのかもしれませんが、持参してなかったので・・・

6
7

8              20後半の良型が良い感じで釣れます


ワレメ職人はもうワームは飽きたと言ってミノーに切換え。
数本釣って楽しんでます。
そしてコルセア65をボトムまで沈めて・・・

9_2

ミノーがこの日の状況にマッチしていたという訳ではないけど、ミノーイングという自分なりの楽しさを求めて釣りをしてちゃんと結果を出すこの人は凄いです。
今日も結構な数のメバルを釣りました。
4月から忙しくなり釣りに行ける日がほとんどなくなると思うので今のうちにガンガン行きますよ~。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日)

ようやく・・・     2011年03月05日

前回の調査釣行の結果、良いサイズのメバルが獲れそうだと判断したポイント・・・
てるさんと行ってきました。
今日のタックルはPSSS-70SとPSSS-610Sの二本。
ソリッド縛りです(笑)
特に理由が無いと言えば無いし、有ると言えば有る。
おそらくはジグヘッド単発の釣りがメインになるだろうし、せっかくの無風なのでより繊細なアタリを感じながら楽しみたい。また尺のパワーをどんな感じで受け止められるか・・・等々。
ってまあ尺なんて中々釣れるもんじゃないと思っているけどいつも釣るつもりでやってます(笑)

ポイントに到着し、前回目星をつけていたポイント周辺を探っていきます。
のっけから釣れるこのポイントはやっぱり凄い。

1

てるさんも早々に十分なサイズを釣ってます。

2_2

3

ロッドの曲がりと引きを存分に楽しみながらのファイトで藻に突っ込まれてバラしたりしてますが・・・(笑) 良いサイズだったのに・・・
今日もやっぱり縦の動きが強い。
馬鹿の一つ覚えのしゃくってフォール・・・
横の動きに反応が良いのは・・・

デゴンドウ

今日も邪魔ばかりしてくれます。
それでもメバルが良く釣れるこのポイントは凄い。

4
5
6

上げ潮では結構浮いていたけど潮止まり付近になるとほとんどボトムでしか反応が無くなる。
下げに入ってもほとんど潮は動かない。
ボトムで縦の動き・・・
そうなればPEラインをセットしているPSSS-70Sで。
PEならばしゃくり上げた時の横移動を抑えることが出来る。
あとはアクションをかけた時のレスポンスの良さ。
風もないので扱いやすい。
ワンキャストワンヒット。
で、そんな中、極わずかなアタリを「おりゃ~!!」ってあわせると・・・
今までの奴とはちょっと違う。
心地よい感触。
重量感たっぷり。
一気に巻き上げ一気に引き抜く。

7

8

出ました尺メバル!!
瀬戸内のしかも地元で獲れた尺は正直嬉しい。
長かった・・・
メバリングをちょっと本気にやりだして3年。
ようやくといった感じです。
この釣行の前に購入した食べもの代777円。
やっぱりこれが一番効いたのかも(笑)

その後は潮が動かないながらも飽きない程度に釣れて楽しませてくれました。
今日は潮の動かない大潮だったのですが、潮の良く動く時にまたやってみたいですね。

9_2

家に帰ってもって帰ったメバルの胃の中を確認してみると・・・

10_2
イカを食っている奴がいました。ほとんどはオキアミでしたが・・・
これがまたイカチューと同じくらいの大きさ。途中イカチューに反応が良い時もあったのでなんか納得。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2011年2月28日 (月)

メバル調査    2011年02月26日

ワレメ大佐と二人で行く予定だったメバリング釣行が最終的には5人。
人が多いほうが楽しいのでちょうど良かった。
本日も調査釣行ということで、色々な場所を探っていきます。
大佐と私は昼間にポイント入りし、デイメバリング。
始めてで状況なんかもわからないし明るい内にテェックしときたかったんです。
とりあえず足元にはメバルの姿が良くみえてたのでジグヘッド2gをセット。
ワームを上に跳ね上げらせてからのフォール、もしくはわずかなステイ。
どちらかというと今日のメバルはフォールの方。しかもテンションフォールでなくフリーフォール。
デイではスローな攻めはあまり良くなく、リアクションで食わすことの方が多い。数メートル先の藻の際でこのアクションにメバルはイチコロです。チビばかりですが・・・

1

3
大佐も同様のリグでバンバン釣ってます。

2                      かわいい奴・・・

夕方、他の3人が到着。
夕マズメはメバルの反応がほとんどなくなり、取りあえず休憩。
その休憩が長いこと長いこと。
釣りに来たのか宴会しにきたのか・・・
そのまま終わってしまいそうな感じ。
まあ焦っても仕方ありません。どうせ朝まで居るんだから・・・

11


4                 サルカン・・・やるときはやります
       サルカン改めハイカンでいいんじゃね?と皆が言ってます
       が、他の人には意味分からないでしょうね~

5

上げの潮に入ってから日中もっともメバルが居たポイントを狙います。

6
しかし、昼からずっと高活性なデゴンドウ(スナメリ)にはほんと困ります。
メバルが一番居る付近を何かを求めて泳ぎまくってます。
挙句の果てには釣れそうになるわ、釣ったメバルを食われそうになるわ・・・
そんな中、一時メバルの活性が上がったのかまずまずのサイズ。

7
その後ようやく求めていたサイズも・・・

8
初めてのポイントでどの場所が良いかも分からない状態の中、このサイズは満足できる一本。
それ以降は釣れなかったけど、次回に活かせる釣行だったのではないかと思います。
皆さんお疲れ様でした。
また行きましょう

10 

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

強烈な奴     2011年02月19日

メインは朝マズメのメバリング釣行ですが、チェックしたい場所もあったので夕食を食べてすぐに左近と出陣。先日、大佐とともに日中にチェックした場所。夜間にくるのは初めてです。
ポイントに到着すると先行者。
声をかけてみると私を知っている方でした。私は面識がない方だったのですが、なんと大佐の会社の後輩だそうで・・・
かなり前からこのポイントに通っているそうで、色々とポイントの特徴を教えていただきました。ありがとうございました。
んで、ともに釣りをします。
川のように流れていた潮が緩みかけてきた時、メバルの反応が出てきます。
潮に合わせてウエイトを簡単に可変できるWキャロ可変バージョンが威力を発揮します。潮にうまく同調させながらドリフトできるようにウエイト調整したかったもので・・・
数本キャッチしたけど、再び潮がきつくなりこのポイントは終了。
暫し、大佐の後輩君とダベリングし、お別れ。またいつか出会った時はよろしくです。
まだまだ朝まで7時間くらいあります。
久々にアジを求めてランガン開始。
行くポイントも久々な場所ばかりを・・・
土曜日なのに釣れていないのか見事に誰もおらず辺りはし~んとしてます。
アタリもし~んでしたが・・・
で、次に行ったポイントは7~8人居ます。
どうも誰も釣れていないようですが、他に行く場所がないためにちょっと粘ってみます。
再現性はないのですが、ボトム付近で反応あり。
数本キャッチできました。

1
しかし、今日はアジングをする予定でなかったために持ってきたロッドはPSSS-73TとPSSS-76Tの二本のみ。
PSSS-73Tを使用し、アジングをしたのですがやっぱりソリッドモデルのどれかを持ってきていればとちょっと後悔。
なんでかというとやはり感度の問題。けしてPSSS-73Tの感度が悪いわけではないのですが、今日のアジのアタリはチューブラーティップでは不利になるアタリ。
ティップにかかるテンションがわずかに変化するようなアタリだったのでこのようなアタリはソリッドモデルのほうが断然強い。
別にそれでもちゃんとアジは全てキャッチできてるので問題ないのですが、アタリかどうか少し疑いながらアワセをいれるようになるので面白さに欠ける。
人によって楽しさは色々あると思いますが、私のアジングの楽しさはやはり色々なアタリを感じて掛けること。繊細な釣りであればあるほど面白い。そんな繊細なアタリを明確に判断できたほうが当然楽しいです。
で一応このポイントでは堪能できたので、後は流しで数箇所チェック。
すでに5時。良い時間にもなったので磯場に向かいます。
辺りが明るくなりはじめた頃、左近がどでかい奴を掛けます。
はじめは「ええね~」と遠めで声を掛けていただけだったのですが、どうも半端ないサイズのようでPSSS-67Sがひんまがってます。
しかも浅いポイントなのに全く浮いてくる気配はなく、ゴンゴン突込みます。
そんな状態の中、隣で釣りをしている場合ではありません。
傍に近寄り応援します。
それにしても全く弱まる気配なし。
藻に突っ込まれること数回。それでもなんとか頑張りながら約10分。
「あ~!!ばれた~!!」の声。
と、肩を落としてピックアップしたその先には22cmくらいのメバル。
こいつがそんな引きをするわけは無いです(笑)
そのメバルを食った奴とファイトしてたんです。
正体を確認できなかったところが余計にショックですが、100%シーバスの突っ込みでは無かったし、チヌや真鯛では22cmのメバルは食えない。
しかもあれだけの時間パワーファイトしたのに飲み込んだものを吐かないくらいの強い奴。
まったく想像がつきません。
せっかくだから姿を見たかったけど・・・
まあ左近が一番悔しいでしょうが・・・
実はその時間にすでにメバルのジアイに入っており、再び釣りを開始して連続HIT。
MAX27cmと嬉しいサイズが釣れたのに先ほどのファイトを見たあとではクソみたいなサイズに感じてしまう。このくらいのサイズでは数秒であがってくるし・・・

2
3
4

しかし、今日は久々に燃え上がるような楽しさでした。
ここのメバルはこれからどんどん良くなっていく・・・ はず。
しかも朝マズメが下げの5分までに重なる時に行ければもっとおいしい・・・ はず。
出来れば4月までには尺を獲りたいな~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年2月11日 (金)

いつになったら    2011年02月11日

釣れるわけがないとわかってはいたのですが、特に行くところもないためにワレメ職人とゲッチュへ。このポイントはなんでこんなところにメバルが居るのかわからないほど何もなく完全な砂地。春になるとマズメ前後の短時間ではあるけど25cm前後が入れ食いになることもあるんだけど・・・
いや~、やっぱり厳しかったです。
小さい茶メバルが数本釣れただけ。
まあワレメ職人にこのポイントのルートを教えることが出来たので良しとしましょう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年1月30日 (日)

Wキャロ 可変バージョンテスト   2011年01月30日

朝から雪が降っていてかなり寒い。
風も強くてうざい。
そんな中、ワレメ職人と某ポイントのメバル調査とWキャロ可変バージョンのテストを兼ねての釣行。
釣果はたいしたことなく心折れそうだったけど、やっぱりこの可変バージョン最高
当然のことながら飛行バランスも問題なし。
いつもなら少々の状況の変化ではそのまま通してしまう基本的めんどくさがり屋の自分でも、ついついウエイト変更している。
ワレメ職人が根がかりにてキャロをロストしてしまった時に出た言葉、
「可変バージョンの効果はでかいがロストしたショックもでかい」
たしかに・・・
まだ量産に入っていない状態で数が少ないので・・・
早く量産に入ってほしいなぁ。
まあ一個あればほとんどカバーできるので必要ないんだけどやっぱりロストした時が・・・
それまでチキンになっとこう。

夜勤明けの大佐が合流し、おもしろいものを見せてもらった。
以前、遠投系のキャロの素材に○○を使えば良く飛ぶ上に完全フロート状態が出来ると話したことがあったのだが、それを作ってきていた。
改良の余地はあるけどなんたってコスト低すぎるところが良い。
これはこれであってもいいなぁ。
フローティング仕様及び超超スローシンキング用に・・・


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年1月23日 (日)

穏やか過ぎる海   2011年01月23日

この休みは釣りに行く予定はなかったのだけど、やっぱり行かないと落ち着かない。
ワレメ職人にメールして朝マズメメバリングの道連れに・・・
風はなく海は穏やか。
釣り易くていいのですが、ここ最近ベタ凪で良いことは・・・

1                  なんとかこのサイズは・・・

2            Wキャロメバルバージョンと本日の最大メバル

あまり釣れなかったけど、ロッドが振れただけでも満足。
次は気になるあの場所、行ってみましょうワレメ職人さん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)