« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月27日 (火)

潮に送り込んで食わす    2012年03月26日

一番おいしい時間帯に飛ばされそうなほどの爆風で手も足もでないほど・・・
今日はもうだめかと思い正直帰りたい気持ちにもなりましたが、なんとか粘って・・・

1
取りあえず35クラス。
風が弱まり狙いのゾーンをうまく通す事ができるようになり、そうなるとこっちのもんです。
初めはかなりてこずっていた左近もなんとかわかってきたようで・・・

2                       39cm

取りあえず居るゾーンが分かりさえすればサイズが出る出ないは時の運。

3                       41cm

本日2本目のヨンマル。運が良かったということで・・・

大佐は昨年から皆で調査しているヨンマルを出せる可能性のあるもう一つの場所の調査に出かけたらしいがどうだったのだろう爆風ですぐに帰ってしまったかな
ここも調査していかないといけんけど・・・
あれだけメバル、メバルと言ってたけどしっかりアジにシフトしてしまいました(笑)

| | コメント (15)

2012年3月22日 (木)

てるさんからの迷惑メール  2012年03月21日

昨日、ツーさんから迷惑メールがあったばかりなのに今度はてるさんから迷惑メール。このメールのせいでアジングへシフトしなければならなくなり・・・
スクランブル出動です。
メバリングタックルからアジングタックルへ換装し、大佐とともにポイントへ向かいます。
夕マズメはおそらくないだろうと思っていたために海を眺めながらブラブラ・・・
常夜灯の効果があらわれる時間帯から大佐が・・・

ドン

ドン

ドーン!!

いきなりそのサイズ連荘ですか!?
全て35オーバー。
(写真撮影しなくてゴメン)

自分はというと・・・
アプローチ方法をミスったせいで出遅れ。
でもわかってしまえば・・・

1
同サイズ連荘。
居るところにリグを送り込めば比較的簡単に口をつかってくれます。
2
MAX39cmまでキャッチすることができました。
暫くするとアタリが遠のきます。それならばとジャベリンジェットを躍らせながら潮に流していきます。
ワームでは反応が鈍かったのですがハードルアーで再び活発に口をつかうアジ。そして・・・
コッ
Dアタッカーのティップが小さなアタリを捉えます。
電撃フッキング
ドスン

キタ━━━━━━\(゚∀゚)/━━━━━━ !!!!!

危なげなくやりとりをし慎重に抜きあげて・・・
3
4
41cm。
やりましたヨンマルオーバー

欲が出て更に上を狙いますが先ほどのあのサイズの連続ヒットが嘘のように
良くても30cm前後とサイズダウン。(贅沢です)
やがてアタリはアジでなくメバルかカサゴばかりになります。
メバルは22~24cmくらいで普通では良いサイズなのですが、今日はあくまでもアジ狙いなのでメバルは全て海に帰ってもらいます。
アジの活性が少し回復したかと思えば更にサイズダウンで25cm前後。
しつこくしつこく攻めると稀に35cmクラスが釣れますが、ほとんどが20cm台。
結局それから再びデカアジラッシュは来ることなくそれ以上のサイズを出すことはかないませんでした。
しかし満足のいく釣りができました。

てるさんからの迷惑メール・・・ 最高ですgood

5

| | コメント (11)

2012年3月21日 (水)

瀬戸内の尺メバル    2012年03月20日

フロートの釣りをある程度マスターしてきたから言えることではありますが、この時期は特にベイトがフィッシュ系であろうがイカであろうがアミであろうが甲殻類であろうがそこまでシビアにベイトについて考える必要がないのかなと・・・
最近は地元の色々なポイントでメバルを釣ってますが胃の中にはポイントによって様々なベイトが入ってます。
しかし釣り方はほとんどがフロートリグで同じ釣り方。しかも使うフロートはFタイプオンリー。SSは今のところ使う必要が無いってところ。
結局は狙う位置と使い方次第ってところでしょうか
マッチザベイト・・・ を覆してしまう言い方かも知れませんが・・・(汗)

しかも釣れるサイズは20cmオーバーが多い。20後半も混ざります。
ちょっと数の多いポイントで一晩やれば50本以上は釣ることは可能。三桁も別に夢ではありません。
離島や竿抜けたような特別なポイントなどではなく誰もがやる地方の普通の漁港などでですよ。
今までは地元の地方でそんな釣果なんて滅多に出せないと思ってました。
あれやこれや下手に難しく考え、あの手この手を繰り出してもたいした結果にはつながって無かった。
そんな自分がここまでの釣果を出せるようになったのはフロートリグを使い込んである程度メバルのことが分かったきたから。

予想以上にメバルは浮いている

ブルーなんて特に。
しかもどのポイントでもと言っても過言でないほど・・・
あとはどうやってその浮いてるメバルに口を使わせるかを考えればいいだけのこと。
上にいるのは小型が多く、良型は深場の方が・・・と思い、ついつい沈めてしまいがちですが、実はそうでもないんですよね。特になんの特徴もないような漁港にはボトムにつくような大きなメバルなんてそんなにいない。しつこくボトム狙って薄茶色の見るからに貧弱なメバルが釣れることの方がむしろ多い。
特に自分のやってるエリアの地方は・・・

今日行ったポイントもごく普通の波止場。フロートとミノーのみでの釣り。
先行者が居て入るポイントがなかったために一旦は他のポイントへ。
釣り方を聞くような人ではないサルカンが珍しくフロートの釣り方を教えてくれとのことで、後から来たために人の居ないポイントでレクチャー。
とりあえず数本釣って重要なキーポイントは理解してもらえたはず。もうこれである程度は釣ることが出来るようになったと思います。

明日が仕事のサルカンは流石に遅くまで付き合えないとのことで帰宅。
ここでツーさんから迷惑メール(笑)
やっぱりツーさんは凄い

で、サルカンと分かれた私とワレメ職人は初めのポイントへ戻ります。
オールクリアになっていたので思う存分ポイントを攻略できます。
とりあえずフロートで開始し、早々に入れ食いモード。

1

2

やっぱりフロートの威力は半端ないです。
活性の高い時は20連続ヒットくらいは当たり前でした。
そんなに簡単に釣れるかって実はそうでもないんです。流し方、使い方を誤るとほとんど釣れません。
ゆっくり巻いてくるだけ・・・ そんなフロートの利点を活かしきれてない使い方をしたのではもったいないしおそらくほとんど釣れないでしょう。
実際私もフロートを使い始めて慣れない間は「う~ん?」って感じでした。
スプリット、キャロ等でもまずあまり釣れないに等しい。
現にこのポイントには結構ルアーマンが来ますが、いまだにほとんど釣ったのを見たことがありません。そのほとんどがジグ単の釣りをされています。
自分も以前はこのポイントでそんなに釣れたことはありません。こんなに釣れるようになったのはフロートの釣りを覚えてから。
だからフロートリグの強さを自信持って紹介できます。
ただ全てにおいてこの釣りが強いというわけではありませんよ。他の方法で良い釣果を出している人はたくさんいますから・・・

結構流れていた潮が緩み、絶好のタイミングになってきた時に、24cm、25cmとどんどん釣れるサイズが上がってきます。
そして極めつけが・・・

3

30cm!!
やりました
昨年に引き続き瀬戸内の尺メバル。
この一本の価値はかなり大きいです。
離島などに行けば別に出てもおかしくないサイズですが、地元の地方、しかも特別なポイントで竿抜けているような場所でもなんでもないポイントでの一本。
ツーさんの魂が降臨したのかも知れません(笑)

それとやっぱりフロートは凄い

しかも使用していたロッドがPSSS-67S
やっぱりこのロッドも何かもってます。なぜかこのロッドを使うとデカイ魚が釣れる(笑)

今日も良い釣りが出来たので早めに撤収です。というかそろそろ身体がきつい。

あっ、それと最近のメバルのストマックから良く出てくるベイト・・・・

10_2

私にはメバルの稚魚にしか見えないのですが、間違っていたらすみません。正解が分かる人、誰かいませんか

| | コメント (19)

2012年3月19日 (月)

二夜連続貫徹   2012年03月18日

さすがに二夜連続の貫徹となると身体がきついですが、そのきつさを吹き飛ばしてくれるくらいメバルに癒されました。
昨日と同じく夕マズメを他のポイントでやり、気の利いたラーメン屋(笑)で夕食を食べたあと、一番活性が高くなる21時前くらいにポイント入り。
いつもながら釣れそうな雰囲気満々です。
雰囲気だけでないところがこのポイントの良いところ。


1               お決まりのミノーイングで・・・


2                  フロートでも・・・


だいずの職場の上司であり、私が車に夢中の頃のツーリング仲間である後輩との釣行が初めて実現できた日であったのですが、この後輩センスがありそうです。
慣れないフロートの釣りに悪戦苦闘しているようでしたが、ぼちぼち釣ってます。
いつもながらまとまりの無い内容で理解に苦しんだかも知れませんが、私的なフロートの釣りのキーポイントだけはしっかり伝えたと思うのであとは経験を積んでいくことですぐにレベルアップすることでしょう。

今日も結構ナイスなサイズが混ざります。
ダイズには初めてのポイントだったのですが、しっかり良型キャッチしてます。
やる時はしっかりやるところがやっぱり凄いところ。

3_2
今回、フローティングミノーの有効性を検証するために渓流用ミノーをクリア加工して持ってくる予定でしたが、いつものように面倒くさくなり・・・
代わりにダイズが代用品でやってくれたので結果を得ることが出来ました。
フローティングミノー・・・ 必要です。

途中からかなり渋い状況になりましたが、渋くなればなるほどフロートの威力が発揮でき・・・

4
5
6
今日も良い練習になりました。

| | コメント (2)

2012年3月18日 (日)

逆転満塁ホームラン   2012年03月17日

ワレメ職人と夕方から貫徹予定でメバリング。
取りあえずはここ最近好調のポイントで夕マズメ狙い。ここで良い釣果を叩きだして気持ちを楽にして後に臨む予定だったのだけど・・・

マジ

まさかの撃沈。数は少ないし、サイズも出ない。
ありえんです。
せめて25cmクラスが欲しかった。

これはマズイ。「俺ドライブしてただけ」っていうような惨敗シナリオが構築されていく・・・
そのシナリオとはこんな感じ・・・
いつ行っても良く釣れ遊べるポイントへ行くも先行者が居てポイントへ入れず遊ぶことも出来ない。そこから永遠釣れない釣場を巡って疲れ果てて仮眠。そして朝マズメを迎える。
最後に期待してた朝マズメポイントは爆風、大雨でやる気をそぐような状態で、結局撃沈。
釣りするより運転してる時間の方が長かった・・・
まあざっとこんなもんでしょう。

腹が減ってはいたけどここで気のきいたラーメン屋にでも行こうもんなら間違いなくシナリオ通り。
あえて飯は食べずにポイントへ直行。
見事に先行者ありです。餌師とルアーマン。
やっぱり・・・
もうどうせかなり叩かれてるだろうし、良いゾーンにも入れないので釣れないだろう。
まあせっかく来たのだから空いてる場所でキャスト。
普通に釣れます。っていうか爆です。
活性高いようなのでミノーにチェンジ。

1
今日はいつもよりかなり数が居るよう。
しかもサイズもそこそこ。
そんな中、ワレメ職人がナイスサイズ。

2
28cm。
このポイントでこのサイズは価値が高い。
ミノーに反応が鈍ってきたらフロートで・・・
フロートでも良く釣れます。
ただ使い方を誤るとまず釣れないでしょう。夜間のメバルに巻くだけの釣りでは・・・
干潮潮止まりでどんどん難しくなりそろそろ潮時かと思っていると、自分にも・・・

3
4
27cm。
まさかのシナリオ崩しに大満足。

今までええかげんなメバリングをやってきたせいで獲れてなかったのだろうと思われるために他のポイントも気になります。
で、ランガン開始。
地獄のランガンではありませんよ。
かなりのポイントをまわりましたが、その全てでメバルが釣れることがわかりましたわ~。
今まで釣れなかったのは居ないのではなく口をつかわせることが出来なかっただけ。
アフターからメバルを500本以上は釣ってますが、以前ならここまで釣ることは出来ませんでした。レベルアップした証拠でしょう。
まだまだレベルを上げないとワレメ職人に置いていかれるので気は許せませんが・・・

そして最後の〆は朝マズメポイント。
短時間ですがやっぱりここは爆でした。
いや~、今日も楽しい釣りができました。
まさかの逆転満塁ホームランにより惨敗阻止です。

| | コメント (8)

2012年3月15日 (木)

メバル調査3    2012年03月15日

相変わらずメバルのポイント調査が続きます。
今日行ったポイントは餌釣りもしていた時代に周辺で良型が出てたので間違いなく釣れるであろうとよんでいたポイント。
先日、ワレメ職人が先行して釣果報告を聞いた時には読みがあたったことにちょっと嬉しさを覚えました。
夜間はちょっとないかなと昨日行った時点で判断したためにマズメ限定のポイントとしても良いでしょう。

マズメのメバルの活性の高さには驚きます。
広範囲にじっくり探りたいという思いからフロートリグを選択したのですが、これは失敗だったかも巻いて釣れるくらいの活性であるし、広いレンジを探れないので効率が悪い。
じゃあ変えればってな感じですが面倒くさくてつい・・・
それでもワンキャストワンヒット。爆です。

1
2
昨日に比べて全体的に平均サイズが小さく20cmを下回るのが多いようですが、それでも24~25cmを3本獲ることが出来ました。後から来たワレメ職人も同サイズを獲ってました。まだ朝マズメの調査が済んでいないので後日調査が必要です。

| | コメント (2)

2012年3月14日 (水)

天気は良いが・・・  2012年03月14日

水温4℃。ミノーイングでアマゴを狙うには正直厳しい水温。最低6℃はあってほしいところですが・・・

2_2_2

2_1

出せっちゃあ出します(笑)

| | コメント (2)

2012年3月12日 (月)

メバル調査2     2012年03月12日

ワレメ兄弟がメバルポイントの調査のために色々と動き回ってくれているのでかなり助かってます。
近場のポイントだけで十分釣れるし、まだまだ開拓の余地があり今が一番面白いかも
どこにメバルが居るのかどんなサイズが出るのかわからない中、探していくことが面白く本当に釣りしてるって感じです。
ほとんどのポイントで結果が出せるようになってきたのでより楽しい。同時に今までどれだけええかげんな釣りをしていたのか反省もします。
今日も他のポイントを調査するとメールが入ったのですが、その時間に家から出ることが出来なかったために自分は他のポイントの調査。
開始早々24cmのメバルが・・・

1_2

やっぱりこのポイント中々良いかも
ワレメ職人も他のポイントから引き上げてきてすぐに釣ります。
ポイント調査は強風、東映状態で調査未完らしいですが、その近場でしっかり釣ってきてるし、ここにきても・・・
この人にいけない釣りを教えてしまったとちょっと後悔・・・(笑)
でもワレメ職人が釣れないと言えば自分もおそらく釣れません。ポイント調査が半分で済むのでかなり楽はできます。
明日はまた別れて調査ですね。お互い頑張りましょう

| | コメント (2)

2012年3月11日 (日)

まさかのアジ    2012年03月11日

数だけは相変わらず釣れるポイントだけど今日はサイズが出ません。
通常なら20後半が数本出てもおかしくないのだけど。
潮もほとんど動かず・・・
このような時にどうにかして良いサイズを狙っていくか考えるのが面白いのだけど、あれやこれややるも20cm前後のアベレージサイズばかりでMAXでも24~25cm。
う~ん難しい。お手上げ状態です。
しかし、色々なことをやってる内にアジに出会えました。

1
2

常夜灯の明かりが全く届いていない暗闇のボトム。しかも結構居る範囲が狭いようでズレてしまうとメバルになってしまいます。
あえてメバルを釣らずアジを狙うのが結構面白く暫しアジ狙い。
数はそんなに出なかったけど22~25cmくらいでMAX29cmと中々です。
このポイントでアジはあまり釣ったことがないのだけど久々のアジングでなんか新鮮さを感じてしまいました(笑)
久々にアジングも良いけどやっぱりこの時期はメバリングです。まだまだポイントも含めメバルのことを知りたいので・・・

| | コメント (0)

2012年3月10日 (土)

磯場調査     2012年03月09日

夕方からの磯場。
大佐曰く日が落ちてからが勝負らしいけど良い感じに効いていた潮が見事に止まり・・・

Photo
21、23cmの二本のみ。
かなりしょぼい釣果となってしまいました。
明かり周りの釣りよりも潮の影響は大きく、止まってしまうと狙いどころもなくなってしまうので難しい。
しかしこのポイントには確実にメバルが回遊してくることがわかったのでこれからが楽しみなポイントです。
では次の磯場の調査を・・・

| | コメント (2)

2012年3月 8日 (木)

メバリングのち渓流のちメバリング           2012年03月06日~7日

この時期、ただでさえ流れの弱い部分でしか釣れないのに雨が降り増水。
絶対スイカのせいだ(笑)
わくわくし過ぎたらダメなのに・・・
そのわくわく感が抑えられないのか前の日からこちらに来る始末。
仕方ないので夜間~朝マズメにメバリング。
ど干潮状態からでしたが近場の色々な場所をランガン。どこの場所でもメバルは釣れてくれます。サイズも22~23cmとまあ悪くないサイズ。

1
今回のスイカは頑張ってます。

2
朝マズメは前日の夕マズメに大佐が良い思いをしたという磯場。
釣れたけど夕マズメのような爆発力はなく・・・
それにしても帰りがつらい。
渓流前のウォーミングアップにしてはハード。
しかも前日から寝てないのに・・・

そのまま大佐と合流し、今度は渓流。
今日は渓流用ベイトロッドのデビュー日。
ベイトリールを購入してからというもの渓流に使えるようなベイトロッドを探してきたけど自分の思うようなロッドは中々見つかりませんでした。そして悩んで悩んだ挙句もうこれしかないってものを・・・

3
4
STC-60TR
渓流用ロッドにはないマイクロガイドセッティング。実際どうなんって感じですが・・・
ピンクの飾り巻きが、強調しすぎない程度に入っていて見た目はgood。
使用した感じは連続トゥイッチの際、バットのたわみが若干気になりますが、許容範囲だと思います。バットの中間くらいまでもう少し強さがあればベストといったところ。
問題のマイクロガイドですが、このおかげでだるさは感じず、ブレがありません。キャスティングにおいても精度良く、飛距離も十分です。ピッチングでもロッドがぶれない分扱いやすい。もう少し短ければもっと良いと思います。
トラブルは皆無です。
懸念されたベンド時のラインとブランクスの干渉も今のところ問題なさそう。
パワー的にも渓流魚に最適でかなり気に入りました。
ロッドは良かったのですが、アマゴの活性はいまひとつ・・・
5_2
6 
7
スイカには厳しかったでしょうが、これが渓流です。誰にでも簡単に釣れてしまっては面白くない。だから余計にはまってしまいます。

で、渓流を6時間歩いた後、再度メバリングへ・・・
はっきり言ってバカです(笑)
夕マズメの状態をチェックしたことのない磯場があるのでその調査に。
攻め方が間違っているのか反応はいまいちでした。
いや~流石に前日の夜から夜までの連続釣行はかなり疲れました。もう歳なので体力を持続させることが困難です。
これからは身体にやさしい釣行を心がけよう

| | コメント (4)

2012年3月 6日 (火)

メバル調査    2012年03月04日

うざい雨が降ってます。風がなければ雨が降っても問題ないのですが風が強く時には飛ばされそうなくらいの突風。
流石にこんな風ではフロートの釣りの長所が活かせないので闇は諦めて・・・
テトラと藻が絡むポイントで2gのジグ単。
よく釣れます。ジグ単で釣れるくらい活性がよければ本当に面白い。
雨なのでがっつりはやらず、皆と駄弁りながら休憩しつつ・・・
いつまで経っても風が止む気配はないので強行突破で闇ポイントへ移動。
藻がかなり多く、キャスト地点が藻の絨毯でワンキャストワン藻がかり。
どうにか釣りが可能な藻の切れ間を探しながらうって行きますがやはり風の影響で超スローな攻めが出来ず。しかもほとんど釣れない。
せっかく掛けることが出来ても全て藻にとられます。
いいサイズだったのにな~。
84にフルドラグでも獲れないなんて・・・
なんとか釣れても22cm前後。これくらいのサイズでも藻にとられてしまうんですが(笑)
難しい・・・
まあでも状況はわかったので再びテトラ周り。
相変わらず釣れますがサイズはアベ22cm前後。MAXで26cm。
このポイントからするともう少しサイズアップは見込めるのだけど・・・
もう半月くらいでしょうか
ここ最近で多少メバリングのことが分かってきました。

| | コメント (0)

2012年3月 3日 (土)

ポイントチェックの成果   2012年03月03日

日中、風が強かったけど日が暮れると収まる。
こんな日に行っておかないと・・・
前から絶対出ると確信していたポイント。
自分の攻めるエリアで闇で出せるポイントはほとんどない。しかしこのポイントはゴロタ、藻、潮、ベイトの状態が闇メバルを狙うのには最高の状態のはず。
闇の中をライトを照らさずに歩き、ここと決めていたポイントを攻めます。。
数キャストで結果が・・・
わずか10キャストで3本。

1
サイズは24cmとまあ悪くないサイズ。
やっぱりこれはど干潮の闇の中、歩き続けてポイントをチェックしておいたおかげではないでしょうか
どこに投げても釣れるわけではなく、今回出たのはここと決めていたポイントのみ。
闇で出るポイントを探すにあたり、自分が考えたのは渓流魚と同じ条件。ゴロタもただあるだけではなく、エゴの状態が大きく左右する。
まだ他にも出るところがあるでしょうが、取りあえずは自分が見つけ確信したポイントで出せたことは嬉しいです。

| | コメント (7)

2012年3月 2日 (金)

渓狂会のオアシス  2012年03月02日

渓流が解禁となりました。
これからまた楽しい季節の始まりです。
解禁当初から行ってもルアーに反応するアマゴは少ないのですが、結果かなり楽しめました。

1
2
3
5
大佐と二人で20本以上は出せたのでこの時期にしては良いほうでしょう。
サイズも25cmクラスが出たし・・・
この川は本当に良い川です。
大切にしたいですね。

| | コメント (6)

2012年3月 1日 (木)

ホームポイントの重要性  2012年02月29日

昨日は雨、今日はあがり風は午後からおさまって無風状態。
この状況なら必ずワレメ職人は動くはず・・・
メールすると案の定、行く予定とのこと。
なんか分かってしまうんですよ、付き合いが長いと。
で、いつものポイント。
今日は干潮が夕方であったせいかいつもより釣れだす時間が遅い。
メバルはアジよりも干潮の影響が大きい。マズメに絡む時間帯にど干潮を迎えるような潮は釣れる時間帯が深夜側にシフトしてしまう。
特に今日のポイントのように浅いポイントは尚更です。
で、結局よく釣れだしたのは八時前。
今日の状態だと一年前ではおそらくほとんど釣ることが出来なかったと思いますが、結構楽しめるくらい数が出せるようになったのは、色々な引き出しが増えたおかげです。メバリング苦手だったし・・・

1

ここのメバルに口を使わすテクニックがあればほとんどのポイントでも釣ることが出来ると思っています。
やっぱりホームポイントでの訓練は必要ですね。

| | コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »