« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月29日 (日)

久々の上流域    2012年04月29日

この時期の渓魚の活性はすこぶる高い。
流下する水生昆虫を捕食するために朝早くから瀬に出ています。
今日は滅多に入らない本筋の下流域から入渓。
のっけからルアーにアタックしてきます。
それも良いサイズ。しかし、フッキングさせることが出来ず・・・
活性は高そうであるも一度のせれなかったら次がない。
ワンギリです。
結構プレッシャーがあるみたい。
次の流れではジャストフッキング。

0

最近Dコン等のヘビーシンキングミノーが扱いやすいためにそればかり使っていましたが、やっぱりこの時期はフローティングミノーが強い。
サーフェスレンジを流れに同調させながらトィッチで流してくることで違和感なく咥え込んでくれる。
ヘビーシンキングミノーだと若干レンジが下がってしまう。サーフェスを流すことは出来てもスピードが速くなってしまい反応がいまいち。
こんなアマゴを相手にするにはやっぱりツインクル。
1_3

2
それにしても今日は銀毛したやつが多い。
まあ下流はこんなもんか・・・

明日スイカがこっちに来て一緒に渓流に入る予定のため、あえてメインを外して入っているのだけど、結構釣れる。
とりあえず堪能できたので今度は一気に上流域へ・・・

昔、よく入っていたポイントだけど最近の状況はよく分からなかったのでとりあえず調査と思い・・・

数が半端ないです。
サイズも23~25cmがメイン。
ここ最近、中流域のサイズがいまいち伸びないので案外こっちの方がサイズが出せそうな感じ。

3
4
5
6
尺クラスの確認も出来ました。まあばらしたんですが(汗)
あまりにも釣れるので明日はこのポイントと決めました。
ただいじめ過ぎると明日スイカに釣らせることができなくなるので遡上を中止。今度はもう少し下流域でも残っているかをチェック。
バイトしても魚にキズをつけてしまわないようにミノーのフックを外します。
いくらリリースしたからといってもフッキングしたやつは次の日には出てこないと思ってるので・・・
かなりの数を確認できました。
いや~明日が楽しみです。今日は昼までで終了しましたが、明日はがっつりやりますよ
スイカさんがっつりやってくださいな。

| | コメント (1)

2012年4月28日 (土)

久々のスプリット    2012年04月28日

昨日はジグヘッド単発で通したポイント。
2gのジグヘッドではいまいち食い込みが悪かった感がある。
今日はスプリットで通してみる。
17時過ぎに単発ではあるけどアジが釣れる。
大佐が合流したくらいからアタリが頻繁になる。
サイズ狙いのポイントではないので20~22cmくらいがメイン。
テンションフォールでも普通に釣れるのでテクニックは必要ないけど、なんか新鮮さを感じて面白い。
今シーズンのアジングはあまり行っていないけど行けばサイズ狙いばかりだったので、数の出る釣りにアジングの原点を思い出したような・・・
やっぱりアジングは面白いです。

1


| | コメント (0)

2012年4月22日 (日)

桜が散ってからが本番    2012年04月21日

天気予報では暴風雨とのこと。
こんな中で取材を無理やり決行しても迷惑をかけることになるだけなので無難に中止しました。そういうことで朝、まだ雨は降っておらず水量もベストなのでワレメ職人と渓流へ。
大佐曰く昨年より若干早く本筋のアマゴの活性が上がってきてすでに尺絡みを数本キャッチしたとのことで、今シーズン初となる本筋へ入渓。
8時くらいからの入渓でしたが、水生昆虫のハッチも盛んで、すでに流れについていそうな感じ。
案の定、流れについてます。というか流れの中でないと釣れない。流れから離れたがらないようです。流心からドリフトさせながらトゥイッチさせ瀬尻まできっちり流すことで活性良く飛びついてきます。
淵やプールは皆無といった感じ。
まあこんな場所は誰もが狙う場所で解禁から抜かれてるし・・・

1

こんな時期になると渓流は一番面白いです。
流れを読んで自分の理想のコースをトレースして出した一本はただ釣れたというのとは大きく違う。

2
とりあえず堪能したので3日前にワレメ職人が入ったポイントへ。
この人が入った後はぺんぺん草も生えなくなるくらいの状態になるのであまり期待はしてませんが・・・
案の定、釣れることは釣れますが、爆はありませんでした。
やっぱりこの人のせいだ・・・(笑)
気になる区間を叩きながら今度は下流に下がっていき、自販機でジュースを買っていると監視員のおっさんが・・・
もう顔も覚えられているし、ついつい話が弾みます。
一時間くらい話してたんじゃないかな(笑)
色々な情報を入手することが出来たので無駄ではありませんが・・・

次に入ったポイントは魚影の濃いポイント。
水深が30cmくらいのチャラ瀬でも結構出てくれます。

3
監視員のおじさん曰く、アユの稚魚を放流済みで、更に今日も放流したとのことだったので使うカラーは当然アユカラー。
実際、カラーは関係ないくらい活性が高いのでそこまで拘る必要はないですが(汗)

4
5
それにしても面白い。流れにタイトについている奴を引っ張り出すのは結構難しいですが、あれやこれややって出せた時の嬉しさ。たまりません。

まだ他に叩いておきたいポイントはありましたが、結構な数を釣ったのでなんか満足。
ちょうど雨も降り出したことだし納竿することにしました。

そういえば今回、ちょっとはまってしまったもの・・・

6_3                   わさびまんじゅう

わさびの風味が揮発しないよう冷凍されているのだと思います。自然解凍して食べるのですが、少し硬めくらいの解凍具合が自分にはマッチしてました。
今回は良く釣れたし、わさびまんじゅう食べれたし、タラも収穫できたし、良い一日でした。

| | コメント (2)

春アジ攻略   2012年04月21日

現在、私のエリアには25cm前後のアジが結構入ってきています。自分の都合であまり釣りに行けてないですが、渓狂会のメンバーやサルカンが毎日のように釣りにいき、「あそこは25cmアベでこれだけ釣れた、あそこはこうだった。」とメールを入れてくれます。
そして先日、大佐から41cmのアジをキャッチしたとの情報・・・
このポイント昨年から春にはヨンマルが狙って出せる場所のひとつと判断して渓狂会のメンバーで探りを入れていました。
今年は早くから通いつめて「出す!!」と宣言していた男の勝利です。
まあ毎日のように通ってましたからね~。もう意地ですわ(笑)

で、土曜の夕方からアジング取材のためのプラとして金曜日、仕事から帰ってポイントへ向かいます。
使用するリグは3gジグ単。
昨年までならこんな重たいジグヘッドは必要ないと思ってました。
しかし、今年から段々と感じてきた3g以上のジグ単の必要性。
特に春のデカアジ狙いに限ってはスプリットやキャロ等の中間シンカーを用いたリグはあまり必要としない。ましてや1g前後の軽量ジグ単はもっと必要がない。
違うリグで同じ場所を狙っても3g前後のジグ単にかなわないどころか下手すると一本も釣れないこともあることが分かってきました。

3gジグ単で、潮に送り込みながらボトム周辺をサーチしていると小さなアタリ。
釣れたアジも小さかった(笑)
次に掛かったのはアジと呼べる重さ。
29.5cm。
本来なら良いサイズですが、大佐があのサイズを出したのならこのサイズで満足したらいけないでしょう。それからは潮が緩んだ上に風の強さに嫌気が差しやめましたが、まだまだ可能性があるので通う必要性ありです。

| | コメント (0)

2012年4月17日 (火)

充実した二日間

初めて行くポイントはワクワクします。
ワクワクしたら負けなんですが・・・
兵庫県の揖保川水系の某河川。日券の価格の高さにびっくりします。
情報なんて全くないけど釣れそうな川を見つけて入渓。
いきなり釣れて幸先良い感じですが、後がいまいちです。
渓相は良いのだけど・・・

今回はワレメ職人とともに渓流釣りのついでにダイズの結婚披露宴に出ます(笑) そういうことで気温が上がり水生昆虫がハッチしだす良い時間帯までは釣りが出来ません。
めでたい席に遅れてしまうようでは流石にまずいので早めに切り上げ。
で、せっかく姫路まできたのだからと何か名物でもないかと検索。
「どろ焼き」 とりあえずこんな食べものがあることを発見。
式場のあるホテルの近くに店舗があるみたいなので期待を込めて行ってみます。
開店時間11時30分。現在11時45分。開いてないし・・・
やる気があるのでしょうか
とりあえず電話をかけてみるも中から電話の着信音がただむなしく鳴っているだけ・・・
仕方なく違う店で昼食を摂ることとなったけどまあその店は結構良かった。でも行くと決めた店に入れなかったのはちと歯痒い。

昼食を食べた後、ホテルにチェックインし、シャワーを浴びてスーツに着替え、披露宴に出席。
緊張しているのかダイズの顔が引きつっていたのはちょっと笑えた。
とうとうこいつも結婚か・・・
嫁さんはしっかりしてそうだし尻に敷かれそうだなぁ。
これからの生活で釣りがどうなるか見ものです(笑)

まあ何はともあれご結婚おめでとうございました。

4

披露宴終了後、ワレメ職人と街中に出て食事。昼に行こうとしていた店舗が開いていた。いったい何時から開けたのでしょうねぇ
ホテルに帰り、披露宴で撮影した画像をチェックしてたらいつの間にかそのまま堕ちてました。

次の日は朝早くにホテルを出発し、先日から入渓しようと決めていた河川へ。
魚の数より重機の方が多い(笑)
場所移動し、もっと上流部へ・・・
この川は水は綺麗だし渓相も抜群。
アマゴの活性はいまいちでしたが、良いプロポーションのアマゴで満足。

Dsc_1817

Dsc_1820

この川はまたいつか来てみたいほどの川でした。
いや~、結構楽しめました。あとはワレメ職人に教わった野蒜を獲るだけ。初めに行った川に群生していたので・・・
何処にでもあり、川の近くを50メートルも歩けば見つけることが出来るほどメジャーな野草らしくわざわざこんなところで取らなくてもって感じですが見たものはすぐに取らないと気がすみません(笑)
また気が利いた場所にコメリがあるのがいけない(爆)
ついついスコップを購入。
3日分くらいの量を取ってミッションコンプリート
充実した二日間でした。

野蒜・・・ 美味いです。

| | コメント (4)

2012年4月 9日 (月)

最近の釣行    

最近、釣りに行く回数が減ってしまってます。
釣果もいまいちです。
先週の金曜日、左近とメバリングに行き、メインポイントでまさかの撃沈。
そして以前からすごく気になっていたポイント・・・
絶対このポイントでフロートは効くはず・・・
強風でフロートの特権が活かせない状態での釣りでもワンキャストワンヒット。
まあサイズは置いといてここのメバルの数は半端じゃないみたい。
新たなポイントが生まれたことは良かったかな

で、土曜日・・・
大佐との渓流。
渓流に行く時には必ず前日に雨が降っているような・・・
この時期に増水はイタイです。
まだまだミノーを追う速度が遅い状態なので、速い流れの中で食わせるタイミングをとることが難しい。
数はかなり確認できるもサイズが・・・

そしてその後のアジング。
今年こそはこのポイントでヨンマルを・・・と渓狂会のメンバーが詰めてますが・・・
超爆風。
この中でも無理やり釣る大佐はアホです(笑)
私はほとんどロッドを振らず見てただけ・・・
帰りのラーメンがうまかった(笑)

まあ最近はざっとこんな釣行でした。

| | コメント (3)

2012年4月 1日 (日)

爆風だけど渓流なので     2012年03月31日

やっぱりスイカがこっちに来ると荒れる・・・
渓流メインでありますが、いつものことながら夜間の釣りも兼ねての釣行。
デカアジ狙いをさせてあげたかったけどこの風では狙うどころか何やってんだかって感じ。
仕方なく気になるポイントの調査に付き合ってもらいます。
実際、調査はスイカに任せて私とだいずは見てるだけ(笑)
朝マズメの磯もワンキャストで見切りをつけたほど・・・
まあメインは渓流ですから・・・

で、一旦家に戻り少々休憩した後、山へ上がります。
今シーズンの渓流が解禁してからまだ行ってないポイントのほうが、楽しみがあるとのことで例年春には調子が良い河川へ。
結構人が入るポイントなのでそこまで期待はしていなかったけど、のっけから高活性。

1
かなりの追いがあり、魚影の濃さを認識させてくれます。
スイカももう渓流には慣れてきたようで、罵声をあびることなく(笑)楽しんでいるようでした。結構釣ってましたよ。

2        この河川のアマゴは朱点がオレンジ色なのが特徴
    河川によって容姿が違うので何度渓魚を見ても飽きがきません

まさかの高活性に遡行時間が掛かり、予定していた他の河川に行くには時間が勿体無いために、同河川の再下流域をチェック。
アマゴが生息していることは確認できましたし、もう少し水温が上がると面白いかも知れません。
そして最後の河川。スイカにどこに行きたいか尋ねたところ○○川とのことでその上流部へ。この河川も解禁してから初めてなのでちょうど良い。
ただ昔に比べ数が激減している河川ですが・・・
思ったより数が居たことにびっくりしましたが、やはりサイズがいまいちですね。
今回、雨で増水していた状態でしたが、瀬に顔を出しているアマゴが結構いて流れを読みながらの釣りが出来たことに満足です。
本日の水温は平均9℃。もう一ヶ月したら水生昆虫のハッチも多くなり、最高の状態になるでしょう。楽しみですね~。

| | コメント (7)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »