アジング2012

2012年12月22日 (土)

潮      2012年12月22日

アジングにおいて潮の流れというのは必要であるが、ただ単調に流れているよりも変化する流れのほうが圧倒的に良い。なんせ面白い。
どこにアジがついているのか、どこでどうやって食わせるのか、潮の変化をロッドで感じることでそれを見つけ出す。
それが出来なければ釣れない。
今日のポイントは特にそんな場所。要するについているポイントがピンなんです。
しかも水深があるために少し間違うとそのピンを外れてします。
高感度のロッドが活きてくる場面である。
スプリット3.5gを使用し、潮が弛んだゾーンに差し掛かったところでステップフォールを入れていく。フリーを入れなければ中々口を使ってくれない。
午前4時30分からの釣りであったけどいい感じにバイトが続きます。
そして約10分間はアベレージサイズがアップし、尺絡みが出ます。
朝マズメはどうなんだろう
って思っていると一本のメール。
この時間にメールしてくるのは一人しか居ません。
結局そのメールで朝マズメアジングは出来ませんでしたが、また次回の楽しみということで・・・

| | コメント (5)

2012年12月10日 (月)

遠征     2012年12月7日~9日

ワレメ兄弟、サルカンと4人での県外遠征。
釣行に選んだところは愛媛県。
デカアジを狙っての釣行でしたが、天気予報では荒れるとのこと・・・
通常なら中止にしたほうが良いかも知れませんが、取りあえず行ってみないことには分かりません。初めから予報だけで諦めるようなことはしません。
別に釣りが出来なくてもこのメンバーでの旅行は楽しいはず。

前日に出発し、釣行エリアに到着したのは午前4時。
予報通りかなり風が強く、うねりもあるため取りあえず安全な場所を選択。
が、釣れるのは狙っているサイズの1/4のサイズばかり。
まあメインは夕方からなんで・・・
その夕方からに備えてエリア全体のポイントをチェックして回ります。
しかしなんとも移動に苦労する場所です。
うねりと風も更に勢いを増しているのでそれをなるべく避けれる場所を探さないといけません。

1

兎に角ロッドが振れそうな場所をチェックしていく

大方チェックが済んだ後は遠征では絶対に外せない温泉へ。
初めての温泉でしたが、泉質良いし、設備も良いしなんせ潰れてないし(笑)
昼過ぎまでゆっくりした後はいよいよ出陣。
で、目当てのポイントへ行ったのですが、風が強くてやりにくいとかそんなレベルの話ではありません。まずポイントに立つことが出来ない。
車のドアを開けると中の荷物が飛んでいく始末。
大佐のブーツが50m以上飛んでいったのには笑えた。
どの場所を回ってみても同様の状態です。
メインでやろうとしていたエリアは全く釣りが出来ることが出来ない状態でしたので、エリアを変えます。
またポイント探しからしないといけない・・・
グーグルマップとナビを見ながら色々探して行き着いた漁港。
感じは良さそう。風もうねりもなく釣りやすい。
取りあえず夕方までこのポイントでやってみようと・・・
日中はチビアジが爆。
いや~こんな小さなアジでも楽しく感じてしまいます。
アジングはサイズにあらず(笑)
釣りが出来るだけで嬉しい。

6

サイズは別としてアジが溜まっているのであれば何とかなりそう。
日が落ちるとようやくアジと呼べるサイズがちらほら・・・

2

20後半の良いサイズも混ざります。

3


7

当初の狙いのサイズではありませんが、取りあえず釣りをすることができたのでもう満足です。
干潮になりアタリも遠のいたためにもう一箇所気になるポイントへ。
このポイントでは太刀魚が高活性であったために太刀魚狙いに変更。
ここでの使用ロッドは今日がシェイクダウンとなるモンスターハンティッグ用ベイトロッド。
使用ルアーはジョイクロやK-TEN SW等のビッグベイト系。
1キャスト目から連続HIT。
大佐も自身初となるベイトロッドでのHIT。

4

この釣りも面白すぎる。
太刀魚がスレてきたら今度はワインドで。

5

ワレメ職人は一人アジを追い続け、ポツポツ釣ってます。
そして朝マズメ。
漁港内のあちこちでアジボイルが見られます。
24~25cmのアジが表層で入れ食い状態。
結構な数のアジを釣ることができました。
正直、釣りなんて出来ないと思っていた今回の遠征ですが、釣り可能な場所があって良かったです。当初の狙いのサイズとはかけ離れてますが、かなり楽しむことができました。
あとは釣具屋巡って、温泉に入って、昼飯食って帰るだけ。
これも楽しみの一つなんですが、温泉に向かう途中にとうとう車がお逝きになりました。
なんとか辛抱しながら走っていたのですが、力尽きたようです。
ということで温泉も飯も中止にしてレッカー移動。
皆に迷惑をかけてしまいましたが、遠征にはハプニングが付き物。
特に渓狂会の遠征はね。
ちゃんとハプニングを起こしてくれて今回の遠征は終了です。
皆さんお疲れ様でした。また懲りずに行きましょう~。



| | コメント (5)

2012年11月16日 (金)

爆風デイアジング    2012年11月15日

最近嵌まっているジョイクロでの青物狙い。
今日もポイントへ行ったけどここ最近のナブラ祭りのせいかポイントには三人の先行者。
仕方なく違うポイントでやったけどノーチェイス。
ただでさえ飛ばないジョイクロなのに風が強くて178くらいでは飛距離がでない。230マグナム投げないといけない状態。
こんな風ではやるだけ無駄のような気がしたのでデイアジングに変更。
爆風だけど狙いのポイントはなんとかなりそうだったので・・・
風と潮が正反対な上に強烈なあて潮でコントロールに苦戦しましたが、7gスプリットでなんとか対応できました。
ワンキャストから22~23cmクラスが入れ食い状態。このポイント、デイではしっかりボトムを狙わないと釣れないのが常ですが、なぜか今日のアジは中層で反応が良い模様。

1

これならマズメは最高じゃないのか?と思い大佐を呼んで一緒にやります。
大佐が来たころから段々渋くなってきましたが、結構楽しめるレベル。
そして肝心の夕マズメ。
ほとんど釣れません・・・
前年までは朝・夕マズメがお祭りになる状態だったのに・・・
今年の山口県東部のアジはなんかおかしいです。
夕マズメに釣れないポイントが多い。デイの方が良く釣れる。
朝マズメは結構良いのだが・・・
なんか海の中も変ってきてますね~。

| | コメント (0)

2012年11月10日 (土)

デイアジング      2012年11月09日

ジョイクロで青物狙いの後、前回行ったポイントのデイが気になりデイアジング。
ポイントに到着すると目視で潮がきいているのが良く分かりベイトのも入っている。
リグは迷わずキョロを・・・
ワンキャストでHIT。
小さいけど幸先が良い。暫しアタリが途切れません。
しかし、馬鹿でかいエソを釣った後にはアタリが途絶えます。
どこかにアジは居るだろうと探します。
このポイントは立ち位置の右側が段々深くなっており、左側はシャロー。
ベイトは広範囲にいるのだけど気になるのはシャロー側のベイトの群れ。
特にボイルはないけどそこをトレースするようにキャストしてカウント8。
ベイトがザワザワしている下の辺りにくるとコツッとはっきり分かるアタリ。
釣れたのは25cmのアジ。

1

中々プロポーションの良いアジです。
しばらく同じ位置で釣れます。アベレージサイズは24~25cmってところ。
しかし潮が緩み、表層のベイトの存在がわからなくなってくるとパッタリとアタリが止まりました。夕マズメまで粘ってみたけどベラばかりで・・・
やっぱりデイアジングは難しい。でも面白いです。

| | コメント (3)

2012年10月25日 (木)

朝マズメ     2012年10月25日

今日は朝マズメ狙いで最近あまり行かなくなったエリアに行こうとしてたけど、目覚ましを掛け忘れていたために目覚めたのが5時30分。
今から目当てのポイントに行っても少ししか出来ない。
仕方なく近場のポイント。
到着した時点ですでに高活性状態。ワンキャスト目から18連続キャッチ。
サイズはアベレージ22~23cmとポイント的には悪くないサイズ。
MAXは26cm。

1

完全に明るくなるとアジのサイズは急激にダウンしましたが、今度は目の前で大ナブラ。
悲しいかな急いで持ち出していたタックルはPSSS-610Sに1.5gジグ単のみ。
キャロなら楽勝で届く距離ですが・・・
しばらく経ってもナブラは出続けるので車に戻りPSSS-84Tを引っ張りだす。
しかし、戻ると青物狙いの船が数隻ナブラの中に突っ込んでいてどんどん沖へ・・・
まあそんなもんです。初めから用意していてもその時はナブラなんて出ていなかったかも知れません。
ジグをリグってキャストしてみるとエソ3連発。サイズは40~50cmくらいあるので結構楽しめました。

| | コメント (2)

2012年10月20日 (土)

フロートアジング2    2012年10月20日

前回に引き続きフロートオンリーのポイントでのアジング。
今日は珍しくかなりの人数の仲間が終結。
こうなるとダベリに花が咲くのがちょっと難点(笑)
日が落ちてからアタリ連発。さあここからエンドレスと思いきやそう簡単にいくわけもなく・・・

1

このポイントでの一番の不調。
このポイントのキーワードは何なのか
潮まわり潮位流れ時間帯位置
まだまだポイントの特徴が掴めません。
アジングにおいてはポイントが重要。
居る所に行けば比較的簡単に釣れることもある。そういうとアジングって簡単って思われるけど実際そう簡単じゃあないんですよね~。居るポイントを見つけることが難しい。
それが出来ていないから釣れない。
一つのポイントの中にも居るゾーンっていうのがある。数が少なければ少ないほどそれがピンに近くなってくる。それを探すとともに最適なリグ、喰わせのアクションは何かを見つけていく作業。時間的に変化もするし動きが早かったり数の少ないポイントでは難しい作業になってきます。 下手をすると実は釣れるポイントなのに見逃してしまうこともある。
しかし、ポイントの特徴をおさえておけばその作業は比較的容易になってくることもある。
だからポイント調査って大事なことだと思ってます。
私もネットで色々な人のブログ等を拝見させてもらってますが、釣る人は釣ってます。
このエリアは自分的に探しきれてないな~なんて多々あります。そういうのって良い刺激になります。

で、結局アジングしてるよりもダベリングの方が長かったような気がしますが、ワレメ職人、シャンコン、シゲルは他のポイントチェックに、残った私達は撤退です。

| | コメント (2)

2012年10月19日 (金)

フロートアジング   2012年10月18日

フロートリグ・・・
このリグを使うことで新たなアジングポイントが生まれる。
今までは全く攻めることの出来なかった超シャロー帯。浅いだけなら問題ないけど釣れるポイントが40mくらいとかなり沖目。
遠投系キャロでは沈下スピードが早くてとてもバイトさせることが出来ず根がかり多発。
こんなポイントではフロートリグしか釣ることが出来ないといっても過言ではありません。
先日は24~25cmの幅広のアジが入れ食いだったようですが今日は反応がそこまでではない様子。

1

しかし、このポイントは面白い。シャローであるためアジの引きは強いし。
しばらく調査が必要なポイントです。

| | コメント (2)

2012年10月16日 (火)

ダメな大潮     2012年10月14日

青物狙いで行くも全く話しにならないレベル。
じゃあアジはどうってな感じで夕マズメ。やっぱり良くはないですね~。

1_11





| | コメント (0)

2012年10月13日 (土)

逃げ道    2012年10月13日

良く通い慣れて地形を含めポイントの状況は結構知っているつもり。
でもそれは他の釣りであってアジングではいまだ未知の世界。
先日ワレメ職人とシャンコンが夜間の状況チェックをし、結構な釣果を得ることができたとのことで行ってみる。
日が落ちてから行くつもりではあったがワレメブラザーズがデイからポイント入りとのことだったので自分も明るい内にポイント入り。
まだまだベイトが入っておらずデイアジングが成立するような状態ではない模様。
夕方から反応が出てきて活性はどんどん上がっていく。
入れ食い状態です。
シャンコンも後から参入し結構釣ってます。

1_15


サイズは22cm前後ですがプロポーション良く引き味も良い。
楽しいポイントです。
他に釣り人がいないため自由に攻めれるところが尚よい。
また一つ逃げ道ができました。

| | コメント (0)

2012年10月11日 (木)

アジングフォーラム

仮で申し訳ありませんが・・・

0


詳細はアルカジックジャパンのHPhttp://www.arukazik.com/を参照してください。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧