« 50thフィッシングショーOSAKA2013 | トップページ | 深夜のメバリング    2013年02月20日 »

2013年2月 9日 (土)

アフターメバリング    2013年2月08日

そろそろアフターメバルのチェックをしておかないと・・・と思い昨年好実績であったポイントへ。ちょうど風表でうねりもあり今日はちょっと無いな・・・と場所移動。
なんとか風を避けれるポイントで数本のメバルと戯れることができましたが、いまいち活性が低い様子。
だいずとF氏が合流し、リバーメバリング。
干潮でこんな所ってな感じですが釣れるんですよね~ここ。

0


1

それにしても寒い。雪降ってるし・・・
どこかで休憩しないと心が折れそう。
ってことで朝マズメまでファミレスでダベリング。
朝マズメは潮が良くきくゴロタ混じりのポイント。
いつもなら横たわるくらい生えている藻がほとんどなし。
潮の変化もいまいちで狙い所が見つけられません。
どこか反応のある場所はないか探っていると、居ましたブルーのメバル。
そこから同じポイントで連続HIT。

2

アタリがなくなるとキャストする位置をずらす。
どうも群れは動いている模様。
沖では鳥がざわついています。
ベイトが入ってるみたい。
ベイトが入っているならばいつかは良いサイズが出そう。

3

が、そう簡単にいくわけもなく・・・
次回に持ち越しです。

持って帰ったメバルのストマックからは10cm程度のカタクチイワシ。
次回はミノーイングかな?

|

« 50thフィッシングショーOSAKA2013 | トップページ | 深夜のメバリング    2013年02月20日 »

メバリング2013」カテゴリの記事

コメント

BJさん、はじめまして。
スーパーセンサーについて質問があります。私は現在
山口県の東部で、ライトゲームを楽しんでいます。

去年の夏ぐらいから、ひたすらアルカジックのフロートLサイズで、がまかつの82の竿を使用してドシャローのアジとメバルを狙ってきました。干潮時の水深は50cmぐらいで、満潮にならないと沈みブロックが隠れない場所で釣りをして、今まではジグタンで釣れても15cmくらいのメバルしか釣れませんでした。しかしフロートを使用して潮の強弱を感じとれるようになると、この場所で最大25cmのメバルを釣ることができました。こんな場所で…こんなサイズが…驚きでいっぱいでした。

まだまだこんな場所で溢れていると思いましたが、メバルは大きくなればなるほど、フッやツッといった気配のようなあたりしかでないことに気づきました。

そこでスーパーセンサーならレングスも短くなり感度もあがり、Mサイズのフロートまでならいけると考えているのですが(大遠投しなくていい場所で)、Dアタッカーよりスーパーセンサーのほうがマイルドさがあるのでもたれかかるようなあたりも分かるかなと考えているのですが、BJさんの考えをぜひ教えて下さい。

※ソルセンシリーズの610、70、84は知り合いの人に貸してもらって長期間使用したことあります。また、ソリッドティップが私は好みです。610をフロートで使用したことありますが、若干ティップが入りすぎと感じました。

投稿: フロートman | 2013年2月18日 (月) 14時50分

フロートmanさん

はじめまして。
フロートで遠投せず、Mサイズまでならという制限をつけるのであればたしかにスーパーセンサーの方が感度は高く小さなアタリまで取れやすいと思います。ただフロートをどのように扱うかで変わってきます。巻きの釣りをするのであればたいした差はないものかと・・・
テンションを掛け過ぎず巻かない釣りをして始めてスーパーセンサーの感度が活きてくるものだと思います。
感度というものは魚のアタリだけでは判断できません。
ご自分の攻める場所でリグを操ってみて潮の変化を感じ取りやすいロッドが感度が良いと判断できます。
またリグのウエイトによってそのロッドの持つ感度の最高値が変わってくると思います。
その点を考慮した上でご検討いただけたら幸いです。

投稿: Black Jack | 2013年2月18日 (月) 15時11分

ご返事ありがとうございます。
私のフロートの使い方はキャスト後、ラインスラックをとって張りすぎず緩めすぎず…若干張り気味になることもありますが、巻いて操作することはありません。アクションは流れたラインを直線的に戻すようにシェイクをいれるだけです。フロートを初めて知ったのは藤原さんの記事をみてからでした。そこで同じがま竿を使用してきました。

私が釣りにのめり込むキッカケになったのは、同じ瀬戸内にに住んでる黒原さんの影響でした。同じ瀬戸内に住んでる人が竿のプロデュースをした…ワンピースのスーパーセンサーならジグタンやスプリットにフロートと汎用能力の高さと潮の変化を感じとれる能力は素晴らしいと思い、今回質問しました。

また、リグのウェイトによってそのロッドのもつ感度の最高値がかわってくるとありますが、スーパーセンサーは記載されているようにアンダー2gまでということでしょうか?リンバーを使用した時こそアンダー2gのように感じたのですが。フロートMサイズなら、やはり70のほうが向いているのでしょうか!?

あと半年でフロートを使用して一年経つので、フロートを完璧に自分のものに出来るよう頑張ります。


投稿: | 2013年2月18日 (月) 16時28分

フロートmanさん

巻きの釣りをするのであればフロートは抵抗が強いのでスーパーセンサーではティップが入りすぎる感があります。その場合はDアタッカーの方が良いでしょう。
しかし、フロートmanさんは巻きの釣りではないとのこと。それであればMサイズのフロートでも基本的にジグヘッド単発と同じような繊細な釣りになるのでスーパーセンサーは扱いやすいと思います。
スーパーセンサーは水深等によっても変りますが、ジグ単やスプリットならば3g前後までが本来の感度を出してくれるものと思っています。

投稿: Black Jack | 2013年2月18日 (月) 19時46分

スーパーセンサーの使用方法を詳しく教えていただきありがとうございます。親切でとてもわかりやすかったです。BJさんが出演しているDVDを見て、気取った感じがなく、普段のままの様な釣行姿に好感をもってましたが、今回の回答に対し、ますます身近に感じるようになりました。いつか釣り場で会えることを楽しみにしています。

スーパーセンサー購入の決心がつきました。

投稿: フロートman | 2013年2月18日 (月) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 50thフィッシングショーOSAKA2013 | トップページ | 深夜のメバリング    2013年02月20日 »